日本アニメ100年の歴史を一望できる特別動画 「なまくら刀」から「君の名は。」まで122作品 | アニメ!アニメ!

日本アニメ100年の歴史を一望できる特別動画 「なまくら刀」から「君の名は。」まで122作品

「アニメNEXT_100」プロジェクトは12月25日、122作品にわたる日本のアニメと人気アニソン・声優アーティスト23組が歌う公式ソングがコラボレーションした、「アニメ100周年記念“『アニメNEXT_100』スペシャルムービー”」を公開した。

ニュース
「アニメNEXT_100」プロジェクトは12月25日、122作品にわたる日本のアニメと人気アニソン・声優アーティスト23組が歌う公式ソングがコラボレーションした、「アニメ100周年記念“『アニメNEXT_100』スペシャルムービー”」を公開した。『鉄腕アトム』よりさらに古い作品から、近年の『ラブライブ!』や『魔法少女まどか☆マギカ』に至るまで、名だたるアニメの共演を1本の映像で楽しめる。

日本動画協会が主催する「アニメNEXT_100」は、2017年が日本アニメーション100周年にあたることを記念し、その“真”の魅力を世界中の全ての人たちに向けて発信するプロジェクト。その一環として公開された今回のスペシャルムービーは、日本アニメーションの100年の歴史を伝えるべく、各スタジオやメーカーなどが協力。時代を超えて計122作品を一挙に振り返られる、まさにスペシャルな映像となった。

スペシャルムービーは現存する日本最古のアニメーションフィルム『塙凹内 名刀(新刀)の巻(※別名:なまくら刀)』から始まり、『鉄人28号』『魔法使いサリー』といった1960年代のタイトルを経て、『銀河鉄道999』『機動戦士ガンダム』などの1970年代を彩った作品へと続く。
その後1980年代を代表する『タッチ』や『ドラゴンボール』、1990年代の『美少女戦士セーラームーン』や『デジモンアドベンチャー』へと繋がり、2000年代の『時をかける少女』などから『君の名は。』『おそ松さん』といった最新タイトルで締めくくられる。約15分間に全ての年代の“初めて見たアニメ”や“思い出のアニメ”が盛り込まれた、100周年ならではの貴重な内容といえるだろう。

また「アニメNEXT_100」公式ソングとしてムービーを彩った「翼を持つ者 ~Not an angel Just a dreamer~」は、『ONE PIECE』の「ウィーアー!」など多数のヒットソングを手掛けてきた作曲家・田中公平が制作指揮を担当。ささきいさおや水木一郎からMay'nやWake Up, Girls!まで、日本のアニメ界を代表する23組のアーティストが参加しているので、楽曲もアニメファン必聴となりそうだ。



「翼を持つ者 ~Not an angel Just a dreamer~」
価格: 1,500円(税抜)

(C)tsubasa project
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集