声優・三上枝織&菅沼久義、中学生にプロの技術を伝授! キッザニアで講師としてトーク | アニメ!アニメ!

声優・三上枝織&菅沼久義、中学生にプロの技術を伝授! キッザニアで講師としてトーク

ニュース

菅沼久義(左)&三上枝織(右)
  • 菅沼久義(左)&三上枝織(右)
  • 三上枝織
  • 菅沼久義
こどもが主役の街「キッザニア東京」は10月28日、中学生限定の「ジュニア チャレンジ ジャパン(JCJ)」内で声優によるトークステージを実施した。“人気の声優さんから直接話を聞きたい”という企画から実現したプログラムには、『ゆるゆり』赤座あかり役の三上枝織と『夏目友人帳』北本篤史役の菅沼久義が参加。来場した中学生たちにプロの声を届けた。

中学生が事前に考えてきた質問をするコーナーでは、声優という仕事を目指すきっかけを訊ねる声が。これには三上・菅沼ともに、中学生の時に考えていたという“自分とは違う何かになってみたい”という気持ちからこの道に進んだことを答え、この思わぬ一致に客席も盛り上がりを見せた。

また来場した中学生たちと一緒に行った「あいさつをしよう!プロに学ぶ声の出し方教室」では、菅沼が先導して喉を痛めにくい声の出し方を伝授。指導によって驚くほど遠くまで声が通るようになり、会場に参加者の声が響いた。

最後に実施されたプロ声優による詩の朗読コーナーでは、金子みすゞの『わたしと小鳥と鈴と』が題材に。気持ちを込めた音読に、会場はしっとりした雰囲気に包まれ、中学生たちも目を輝かせて聞き入っていた。その後の「テーマを変えて朗読する」というチャレンジでも、三上は“ぶりっこ”、菅沼は“外国人”という難しいシチュエーションを軽々とこなし、「柔軟にアドリブに対応することも声優の大切な仕事」という話も飛び出した。

今回のトークショー参加について、三上は「普段中学生と接することがほとんどないので、大変貴重な機会でした。中学生の皆さんが今何を悩んでいるか聞けたり、 自分が中学生のときに悩んでいた事を思い出すことが出来、素敵な時間でした」とコメント。
菅沼は「久しぶりに中学生の皆さんとお話しできて、中学で流行っていることや学校生活の悩みなど、色々なことを教えてもらいました。僕からは、声優の仕事の楽しさだったり、厳しいところなどを伝えることが出来たので、少しでも中学生の皆さんのお役になれていたら嬉しいです」と語り、両声優にとっても充実のプログラムとなったことが伺えた。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集