梶裕貴ら男性声優7名が工藤静香をカバー! トリビュートミニアルバムが発売決定 | アニメ!アニメ!

梶裕貴ら男性声優7名が工藤静香をカバー! トリビュートミニアルバムが発売決定

ニュース

梶裕貴ほか森久保祥太郎、下野紘、鈴村健一、梅原裕一郎、谷山紀章、関智一ら男性声優7名が、ソロデビュー30周年を迎えた工藤静香のトリビュートミニアルバムに参加することが決定した。「Blue Velvet」をはじめとする工藤の大ヒット曲を、人気声優陣がカバーし歌い上げる。

工藤が初めてアニメとのタイアップを果たした、『ドラゴンボールGT』の第3期エンディング・テーマソングである「Blue Velvet」は梶が歌唱。梶は「子供の頃に観ていたTVアニメのEDテーマでもあった楽曲「Blue Velvet」を、大人になった自分がこのような形で歌唱させていただいている事実に、ただただ感動しております。尊敬と感謝の気持ちを込めて、全力で歌わせていただきました」とのコメントを寄せている。

また「抱いてくれたらいいのに」は「工藤静香さんと言えば、僕にとっては青春時代の「大人の女」の象徴!歌詞を見なくても覚えてる、そんな方の曲をカバーさせていただけるとは!」との思い入れを語る森久保、「MUGO・ん…色っぽい」は「まさか、公に工藤静香さんの曲を歌う日がくるとは思ってもいなかったので、お話がきた時はビックリしました!」と驚く下野がカバー。

さらに「嵐の素顔」は「姉が工藤静香さんが大好きで、部屋にポスターが貼ってありました。よく一緒に歌っていたので、工藤さんの楽曲かなり歌えます!」との自信を見せる鈴村、「黄砂に吹かれて」は「今回お声がけ頂いて、名曲をカバーさせて頂くのは光栄でした。キャラクターソングではなく個人として歌うということで、緊張もしましたが楽しくレコーディングできました」という梅原が歌唱し、「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」は「工藤静香さんの曲をまさか自分がカバーする日が来ようとは…めちゃくちゃに嬉し涙を流してしまいそうです」と感激する谷山、「激情」は「学生時代に直撃を受けた世代の僕にとっては工藤静香さんの曲をカヴァー出来るなんて、正に夢の様なオファーでした」と嬉しさをにじませる関が担当している。

トリビュートアルバム「Shizuka Kudo Tribute(仮題)」は2017年12月20日リリース。夢のコラボレーションは大きな注目を集めることになりそうだ。

「Shizuka Kudo Tribute」(仮)
発売日: 2017年12月20日
価格: 税抜2,315円(税込2,500円)
<CD収録内容> ※楽曲は年代順、曲順未定 
・「抱いてくれたらいいのに」(1988年)/歌:森久保祥太郎
・「MUGO・ん…色っぽい」(1988年)/歌:下野紘
・「嵐の素顔」(1989年)/歌:鈴村健一
・「黄砂に吹かれて」(1989年)/歌:梅原裕一郎
・「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」(1992年) /歌:谷山紀章
・「激情」(1996年)/歌:関智一
・「Blue Velvet」(1997年)/歌:梶裕貴
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集