「バジリスク ~桜花忍法帖~」主演は畠中祐&水瀬いのり OPとEDに陰陽座&水樹奈々 | アニメ!アニメ!

「バジリスク ~桜花忍法帖~」主演は畠中祐&水瀬いのり OPとEDに陰陽座&水樹奈々

ニュース

TVアニメ化が報じられていた『バジリスク ~桜花忍法帖~』の放送開始時期が2018年1月に決定した。メインキャラクターは畠中祐と水瀬いのりが演じ、テーマソングはOPテーマを陰陽座、EDテーマを水樹奈々が担当する。

『バジリスク~甲賀忍法帖~』の新章にあたる『バジリスク ~桜花忍法帖~』は、山田風太郎が記した時代小説『甲賀忍法帖』の続編として山田正紀が発表している『桜花忍法帖 バジリスク新章』を原作にした作品。2017年7月にシリーズ12 年ぶりとなるTVアニメ化が報じられ、動向が注目を集めていた。

今回はオンエア時期が明かされたほか第1弾キービジュアル、メインスタッフ、キャスト陣などもあわせて発表に。『ViVid Strike!』などを手掛けてきた西村純二が監督を務め、アニメーション制作は『魔法少女リリカルなのは』シリーズなどで知られるセブン・アークス・ピクチャーズが担当する。
キャストではメインキャラクターの甲賀八郎役が畠中祐、伊賀響役が水瀬いのりに決定。チョーや茶風林らの出演も判明した。そしてテーマソングは『バジリスク~甲賀忍法帖~』と同様に、オープニングテーマを陰陽座、エンディングテーマを水樹奈々が担当することも明らかになった。

『甲賀忍法帖』では甲賀と伊賀の精鋭忍者たちが10対10の敵味方に分かれ、常人離れした忍術で徳川家の世継ぎを争い殺戮合戦を繰り広げたが、『桜花忍法帖』はその10年後を描くストーリーが展開する。12 年ぶりの新章にはどのような闘いと運命が待ち受けているのか、続報に期待が膨らんでいく。

『バジリスク ~桜花忍法帖~』
2018年1月放送開始

<スタッフ>
原作:山田正紀
監督:西村純二
シリーズ構成:大西信介
キャラクター原案:せがわまさき
キャラクターデザイン・総作画監督:牧孝雄
プロップデザイン:岩畑剛一
サブキャラクターデザイン:小菅和久
美術設定:吉原一輔
美術監督:海津律子
色彩設計:中尾総子
撮影監督:北岡正
3D:テトラ
特殊効果:福田直征
編集:関一彦
音響監督:横田知加子
音響制作:グロービジョン
音楽:坂部剛
音楽制作:キングレコード
オープニングテーマ:陰陽座
エンディングテーマ:水樹奈々
アニメーション制作:セブン・アークス・ピクチャーズ
製作:桜花忍法帖製作委員会

<キャスト>
甲賀八郎:畠中祐
伊賀響:水瀬いのり
草薙一馬:桐本拓哉
緋文字火送:山口りゅう
七斗鯨飲:チョー
遊佐天信:藤翔平
諸行枯葉:さかき孝輔
蔦法悦:茶風林
色衰逸馬:村井雄治
水蓮秋月:櫻井トオル

(C)山田風太郎・せがわまさき・山田正紀・講談社/桜花忍法帖製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集