「虹色デイズ」が実写映画化! 佐野玲於&中川大志&高杉真宙&横浜流星のカルテット主演 | アニメ!アニメ!

「虹色デイズ」が実写映画化! 佐野玲於&中川大志&高杉真宙&横浜流星のカルテット主演

ニュース

水野美波による人気少女マンガ『虹色デイズ』の実写映画化が決定し、2018年夏の全国ロードショーが発表された。佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星がカルテット主演として、主人公の男子高校生4人組を演じる。

『虹色デイズ』の原作は「別冊マーガレット」(集英社)で連載され、単行本の累計発行部数が300万部を突破した青春ストーリー。少女マンガ誌での掲載ながら“男子高校生4人組が主人公”という斬新かつ異色の設定で人気を博していた同作は、ちょっとおバカでお騒がせなイケメン男子高校生たちの友情と恋を描いた作品だ。
映画では『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』や『大人ドロップ』の飯塚健が監督を務め、『君に届け』の根津理香と共同で脚本を執筆。個性豊かな高校生たちのリアルな感覚と青春の輝きを、センス溢れる映像で作り上げていく。

主人公の男子高校生たちを演じるのは、SNSのフォロアーとブログ読者の合計が4人合計で100万人近い数字になる若手俳優陣に決定した。日本映画史上初となる「4人ともに主演」のカルテット主演として集結し、女子が萌える魅力的な男子高生に扮する。
ピュアで元気な愛されキャラの「なっちゃん(羽柴夏樹)」には、GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして活躍する佐野玲於が起用された。チャラくて女好きなモテ男「まっつん(松永智也)」は、『きょうのキラ君』や『ReLIFE リライフ』の中川大志が演じる。
また秀才で超マイペースなオタクの「つよぽん(直江剛)」は、「第9回 TAMA 映画賞最優秀新進男優賞」を受賞した高杉真宙に。いつもニコニコしているが実はドSという「恵ちゃん(片倉恵一)」は、『オオカミ少女と黒王子』や『honey』で注目を集める横浜流星が担当することになった。

原作の水野は実写化に「この漫画は個性が強い二次元的なキャラクター達ばかりなのですが、きっと三次元でも変わらず楽しくわいわいアホなことをするんだろうなぁと思っております」とのコメントを発表。飯塚監督が「恋愛模様は中心に置きますが、誰しもが経験する「通過点」を丸ごと描けたらなと。黒板の匂いを思い出して貰えるよう、現場を楽しみたいと思います」と意気込む映画はどのような作品となるのか、今後の動きがファンの注目を集めていきそうだ。

映画『虹色デイズ』
2018年 夏 全国ロードショー

主演: 佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
    中川大志
    高杉真宙
    横浜流星 ※4人ともに主演
監督: 飯塚健
原作: 水野美波
脚本: 根津理香/飯塚健
制作: 松竹撮影所
企画・配給: 松竹

(C)2018『虹色デイズ』製作委員会
(C)水野美波/集英社マーガレットコミックス
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集