「機動新世紀ガンダムX」HDリマスターで初BD-Box化、録り下ろしコメンタリーや解説書も | アニメ!アニメ!

「機動新世紀ガンダムX」HDリマスターで初BD-Box化、録り下ろしコメンタリーや解説書も

ニュース

1996年に放送された『機動新世紀ガンダムX』がHDリマスター化され、作品初のBlu-ray Boxとして発売されることが決定した。1年間の期間限定生産で、2018年3月23日にリリースされる。

『機動新世紀ガンダムX』は少年と少女の心の交流を主軸に、新旧世代の人々が織りなす人間模様を描いたTVシリーズである。物語を通じて、宇宙世紀作品とは異なる新たな“ニュータイプ”の在り様が語られていく。劇中には様々なガンダムタイプに加え、斬新なデザインのモビルスーツが多数登場する点も特徴だ。
のちに『銀魂』を手掛ける高松信司が監督を務めており、シリーズ構成は川崎ヒロユキ、キャラクターデザインは西村誠芳が担当。メカニカルデザインとして大河原邦男と石垣純哉が参加した。キャストには主人公ガロード・ラン役の高木渉をはじめ、かないみか、堀内賢雄、中井和哉、山崎たくみらが名を連ねている。

このたびリリースが発表された「機動新世紀ガンダムX Blu-rayメモリアルボックス」は、TV放送から実に20年以上の時を経た初のBlu-ray Box化となる。今回のために新たにオーディオコメンタリーも撮り下ろされたほか、描き下ろしのBOXやインナージャケットなどによって新しい『ガンダムX』の魅力を多数収録。映像には本編全39話に加え、ゲーム『SDガンダム ジージェネレーション』シリーズや『ガンダムバーサス』シリーズから本作の登場するムービー集を初めて収めている。そのほか過去に発売されたパッケージのジャケットイラストを全て収録したアートブックも付属するなど、作品のすべてを詰め込んだ決定版となる商品だ。

価格は税抜きで52,000円。オンラインショップ「バンダイビジュアルクラブ」では予約も受け付けている。先着購入者特典として「スタッフ陣による特製リーフレット」のプレゼントもあるので、こちらも見逃さないようにしたい。

「機動新世紀ガンダムX Blu-rayメモリアルボックス」
発売日: 2018年3月23日【1年間の期間限定生産】
価格: 52,000円(税抜)

(C)創通・サンライズ
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集