舞台「青の祓魔師」新作キャラビジュアルが公開 チケットプレオーダーは8月25日から | アニメ!アニメ!

舞台「青の祓魔師」新作キャラビジュアルが公開 チケットプレオーダーは8月25日から

ニュース

10月から東京、11月には神戸で上演予定の舞台『「青の祓魔師」島根イルミナティ篇』より全キャラクタービジュアルが公開となった。

本作では前作『京都紅蓮篇』には登場しなかった新キャラクターの杜山しえみ、宝ねむ、神木出雲、朴朔子。
さらに主人公・奥村燐たちと対峙する「啓明結社イルミナティ」の総帥ルシフェル、 親衛隊上官、 外道院ミハエルさらにはメフィスト・フェレス、 出雲の母・神木玉雲の姿が明らかになっている。

松岡里英が演じる杜山 しえみは祓魔師御用達の用品店の娘。樋口裕太が担当する宝ねむは、あらゆる人形を召喚してあやつることができる人物だ。
正十字学園に通う高校生の朴朔子は小槙まこ、祓魔塾の学生で巫女の血統の候補生である神木出雲は大久保聡美がそれぞれ演じる。

啓明結社イルミナティ総帥として登場するルシフェル役には横田龍儀、ルシフェル直属の親衛隊上官は稲村梓、イルミナティ極東研究所所長の外道院ミハエルは原勇弥が演じる。
さらに正十字学園の理事長と祓魔塾の塾長、メフィスト・フェレスを演じるのは和泉宗兵、出雲の母親である神木玉雲は田中良子が担当する。

本公演のチケットプレオーダーは8月25日12時から受付スタート。イープラスにて取扱が行われる。前売り開始日の9月16日に先駆けてチケットを確保できるチャンスなので、舞台を楽しみたい人は見逃さないようにしたい。なお、チケット料金は7,800円(全席指定/税込)だ。

本作は加藤和恵原作のコミック『青の祓魔師』を題材にした舞台。魔神の血を引く奥村燐が、 過酷な運命に抗い、 双子の弟・雪男や仲間とともに悪魔を祓う祓魔師を目指す姿を描く学園ダークファンタジーだ。
公演は10月20日から10月29日の期間Zeppブルーシアター六本木で、11月2日から11月5日まで新神戸オリエンタル劇場で実施される。

(C)2017 加藤和恵/集英社・舞台「青の祓魔師」プロジェクト
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集