「妹さえいればいい」“妹の日“”に最速上映会決定 キャストトークショーも | アニメ!アニメ!

「妹さえいればいい」“妹の日“”に最速上映会決定 キャストトークショーも

ニュース

『僕は友達が少ない』の原作者平坂読が手がけるライトノベル『妹さえいればいい。』。2017年秋にTVアニメ化が決定している本作。そんな本作が放送に先駆けて、第1話の先行上映会が9月6日に決定した。
また、本作のOP主題歌を担当するChouchoとED主題歌を担当する結城アイラからそれぞれコメントが到着。本作に対する意気込みを語っており、こちらにも注目が集まっている。

『妹さえいればいい。』は既刊7巻まで発売されており、シリーズ累計85万部を超える大人気青春ラブコメだ。本作の主人公は妹モノの作品ばかりを書き続けており、まだ見ぬ究極の妹を求める小説家・羽島伊月。周囲には、天才作家にして変態の可児那由多、女子大生の白川京、 イラストレーターのぷりけつ、鬼畜税理士の大野アシュリーなど、個性豊かな人物たちとにぎやかな日常を送っている。そんな彼を見守る義理の弟・千尋には大きな秘密が隠されているという展開だ。

そんな本作の先行上映会は「妹の日」と制定されている9月6日に開催される。メインキャストが登壇し、第1話先行上映やトークショーを行うといことで、本作にふさわしい日ににぎやかで華々しいイベントになりそうだ。
そしてそんな本作の主題歌を担当するChouchoと結城アイラからのコメントも到着。Chouchoは今回のOP主題歌に対して「OP主題歌らしい明るく前向きな曲なので、聞い てくださるみなさんの背中を押せるような 曲になれば良いなと思います。ぜひ楽しみにしていてください!」とコメント。その出来栄えに自信を見せている。結城アイラは「4人兄弟の末っ子である私にとっては、タイトルからして、これはもう…運命だなと思い作曲 に挑戦させていただきました!」とコメント。こちらも明るい応援ソングになっているということで、要チェックだ。

2017年秋の放送に向けて、イベントの開催などがアナウンスされてきた本作。今後どのような展開が行われるか、続報を待ちたいところだ。

(C) 平坂読・小学館/妹さえいれば委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集