「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた | アニメ!アニメ!

「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた

ニュース

「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた
  • 「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた
  • 「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた
  • 「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた
  • 「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた
  • 「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた
  • 「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた
  • 「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた
  • 「プリンセス・プリンシパル」のスパイ描写はどこがスゴイ? 軍事研究家の小泉悠氏に聞いてみた
「嘘つきはスパイの始まり」というクールなキャッチコピーの通り、アクションだけではなく諜報活動と情報戦をドラマの中で描き出すことで話題を呼んでいるTVアニメ『プリンセス・プリンシパル』。
では、その肝であるスパイ描写は具体的にどこがスゴイのか。それを探るべく、アニメ!アニメ!では軍事アナリストの小泉悠氏にインタビューを敢行。本編第3話までをご覧いただいたうえで、実際のスパイ活動や世界情勢と照らし合わせつつたっぷりと解説していただいた。果たして専門家をも唸らせる本作の魅力とは、またアンジェらヒロインたちの中でスパイとして最も優れているのは誰なのか――。
[取材・構成=日詰明嘉]

●小泉悠(こいずみゆう)
未来工学研究所特別研究員。1982年、千葉県生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了後、民間企業勤務、外務省国際上統括官組織専門分析員、ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所客員研究員などを経て現職。専門はロシアの軍事・安全保障政策、宇宙政策、危機管理政策など。主著に『軍事大国ロシア』(作品社)及び『プーチンの国家戦略』(東京堂出版)、鼎談をまとめた『大国の暴走』(講談社)などがある。

『プリンセス・プリンシパル』
www.pripri-anime.jp/


※本稿における考察は、公式のものとは必ずしも一致するものではありません。予めご了承ください。



――『プリンセス・プリンシパル』は「スパイ」をモチーフとした作品ということで、情報・軍事研究家である小泉さんに本作の魅力をお訊きしていきたいのですが、そもそもアニメは日頃からご覧になられているのでしょうか?

小泉
僕は昭和57(1982)年生まれなのですが、最後にじっくりと見たアニメは『新世紀エヴァンゲリオン』です。TVシリーズ・旧劇場版は中学生のときのリアルタイムでハマって、その後の新劇場版も観ています。観るときはどうしても軍事関係に目が行ってしまうのですが(笑)。
あと、僕のtwitterのタイムライン上には、アニメ好きの人も多いので、『けものフレンズ』という作品が流行っていることや、人気のキャラクターなどは把握しています(笑)。今回の『プリンセス・プリンシパル』は本当に久々のアニメ視聴で、新鮮な気分で観させていただきました。


――本作をご覧になられて、率直なご感想はどうでしたか?

小泉
キャラクターデザインも可愛らしく、最初は萌えアニメかなと思って観始めたのですが、フタを開けてみるとえらく陰惨な話で驚きました(笑)。第1話のラストもそうでしたし、チームみんな仲良しなのかなと思ったら、過去を描いた第2話ではまったくお互いを信用していなかったことが分かりましたし、良い意味で期待を裏切られる作品だなと思いました。見た目は可愛いのですが中身は非常にハードなサスペンス、そのギャップが面白かったですね。

――情報・軍事研究家として、どんなところに注目されましたか?

小泉
まずは独特な世界観ですね。ケイバーライトという物質を無重力化する不思議な鉱石があって、メカニカルなところは非常に発達を遂げているようですけれど、情報通信技術は電信ぐらいで止まっている。そんなスチームパンクな世界観がまず面白かったです。
あとはロンドンが分断されている点が非常に興味深いです。そもそも何で分断されているのかは、私が見た段階ではまだわかっていないのですが、イデオロギー的に違いがあるのかどうかなど気になりました。


――ロンドンを分断するのはフィクションでも珍しいですね。

小泉
分裂国家というのは、つねに不安定状況を抱えていて、いつ紛争が発火するのかと恐れを抱いている限り、なかなか普通の国に戻れません。一方が国を統一しようとするインセンティブが働くはずで、本作のアルビオン王国とアルビオン共和国も、お互いどちらかのタイミングで統一してやろうと狙い合っている緊張関係にあるようです。
気になるのは、大陸領側とイギリス本土の関係ですね。ノルマンディー公がやけに強力な人物として描かれているのは、大陸側の人間にとって別の思惑があるからだと思うんです。果たして彼が王国の意を受けて動いているのか、それともまた別の思惑で動いているのか……ノルマンディー公自身だけではなく、彼という人物が体現している大陸勢力と共和国の対立は注目すべきポイントですね。


――アンジェらスパイの描かれ方についてはいかがでしょう?

小泉
そこはやはりアニメなので非常に派手ですね。実際の冷戦期に活躍していたスパイたちにはいくつかタイプがあって、ひとつは「スリーパー」と呼ばれる人たちです。彼らは普段はサラリーマンや職人として、何十年もその国で生活をして、周囲からこの人は大丈夫だと思われたタイミングで初めて任務をこなす。
一方で、スパイといえば『007』のジェームズ・ボンドのような派手なタイプを連想する人も多いかと思いますが、「フィクションだからありえない」かというと必ずしもそうではなく、2010年にアンナ・チャップマンというロシアのスパイがアメリカで摘発されるという事件がありました。彼女は本当に派手な人物で、アメリカの社交界で人脈をつくりまくっていましたが、実はアメリカの核弾頭開発プログラムを調査するために送り込まれたSVR(ロシア対外情報庁)のスパイだったとみられています。
他にも、イギリスのMI6(秘密情報部)の一員でありながら実はソ連のダブルスパイだったキム・フィルビーなど、いかにもフィクショナルなスパイという例は現実にも存在します。
この作品でいうと、プリンセスという存在はもっとも疑われにくいスパイですね。第2話でプリンセスが身体検査を免れるというエピソードがありましたが、そういう特権的な地位を利用することは現実でもよくあります。実際に多いのは、外交官のカバー(架空の経歴)を使うというもので、不逮捕特権があるうえに外交行李(DIP。外交文書を運ぶための封印容器。外交官特権として相手国の検査を受けることなく持ち込み、持ち出しが可能)を利用して秘密裏に情報物資を運ぶことができるため、スパイのカバーとしてはこんなに都合の良いものはないというわけです。


――この作品に限らず、フィクションにおけるスパイはインテリジェンスはもちろん、身体的な能力に優れていることが多いです。そうした訓練も機関の中で行われるのでしょうか?

小泉
どんなスパイかにもよりますが、スリーパーのような地味なスパイは、まずなにより一般市民らしくあることが大事なので、あまり目立ってはいけません 。
とはいえ、元KGBのエージェントである(ウラジーミル・)プーチンさんのように腕っ節が強い人が多いのも事実です。特にロシアのKGBやSVRは軍隊式の階級が与えられますから、基本的に軍人なのでそれなりの身体能力は求められると思います。
《日詰明嘉》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集