映画「銀魂」公開4日間で興収9.8億円超え 2017年の実写邦画でNo.1の好スタート | アニメ!アニメ!

映画「銀魂」公開4日間で興収9.8億円超え 2017年の実写邦画でNo.1の好スタート

ニュース

7月14日に公開初日を迎えた映画『銀魂』が、7月17日までの4日間で9.8億円を超える興行収入を記録し、2017年の実写邦画でNo.1となる大ヒットスタートを切ったことが明らかになった。

『銀魂』は初日から10代・20代の若年層を中心に盛況。14日は平日にも関わらず176,025,800円の好成績となった。翌15日と16日の週末2日間では541,032,900円を記録し、2017年に公開された実写邦画のオープニング2日間記録を更新した。そして17日を含む4日間の累計では982,291,500円をマーク。最終興行収入50億円突破にも期待がかかるスタートとなった。

鑑賞者の満足度も高く、22歳以下の女性においては5段階評価で4以上と答えた人が90パーセントを超えた。全鑑賞者においても80パーセントを超えており、驚異的な数字を叩き出している。感想としても「映画館でこんなに笑ったのは初めて」「久々に大勢いる映画館で声出して笑った」といった声を中心に、「最初は笑い転げてたけど、最後は泣けた」「観客を爆笑に巻き込み、下品のドン底に突き落とし、泣ける感動を与えた作品」などの“笑い”も“感動”も味わったというコメントが多数寄せられている。また「マンガの実写映画化は反対だったけど、銀魂は100パーセント完璧。言うことなし」「原作へのリスペクトも感じられて実写化の成功例」と、既存の『銀魂』ファンからも好評のようだ。

すでにリピーターも見受けられ、公開4日目にして「5 回見た」との報告もある映画『銀魂』。今後も大ヒット舞台挨拶や応援上映などが企画されており、夏本番に向けて『銀魂』旋風はまだまだ続いていきそうだ。

映画『銀魂』
(C)空知英秋/集英社 (C)2017映画「銀魂」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集