「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」ファンイベントで特別映像公開 レイの相棒ポーグの姿も | アニメ!アニメ!

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」ファンイベントで特別映像公開 レイの相棒ポーグの姿も

ニュース

(C) 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.
  • (C) 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.
  • (C) 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.
  • (C) 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.
アメリカ・カリフォルニア州で開催されたディズニーファンイベント「D23EXPO 2017」にて、12月15日に日本公開予定の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のプレゼンテーションが実施された。
ステージには監督を務めたライアン・ジョンソンをはじめ、主人公レイを演じたデイジー・リドリー、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、フィン役のジョン・ボイエガらキャスト陣が登場すると、約3分の特別映像を紹介した。

デイジー・リドリーは今回の映像の中で「監督が目指したのは予想もつかない物語。話の展開に多くの人が驚くはずよ」とコメント。
ストームトルーパーの脱走兵フィンを演じたジョン・ボイエガは「全てが逆の方向に動き始める。前作でみんなが思ったことの逆へ」と、予想を裏切る展開が続くことを伝えている。
脚本・監督を務めるライアン・ジョンソンも「衝撃的な展開にしたい」と語っており、前作で生まれた謎の答え、そして『スター・ウォーズ』シリーズを通して描かれて来なかった真実が、予想を超える形で明かされるようだ。

また映像ではR2-D2、C-3PO、チューバッカといった恒例のメンバーも登場。丸い体が特徴のBB-8も確認できる。
これに加えてペンギンのような体型の“ポーグ”がこの映像で初披露となった。レイの相棒という位置づけのポーグだが、本編では一体どんな活躍を見せてくれるのか、早くも注目を集めている。

もちろんライトセーバーによるアクションシーンや実寸のセットやクリーチャーの数々、大掛かりな爆発シーンと、『スター・ウォーズ』シリーズが元来持つ魅力も随所に盛り込まれている。
そして最後には長年レイアを演じ、昨年亡くなったキャリー・フィッシャーの言葉「これは家族の物語。だからこそこの物語は力強い」で締めくくられる。「家族の物語」を常に描いてきた、『スター・ウォーズ』を象徴する言葉といえるだろう。



『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金)公開
(C) 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集