「グリザイア:ファントムトリガー」アニメ化プロジェクト始動 キャラデザ・総作監は渡辺明夫 | アニメ!アニメ!

「グリザイア:ファントムトリガー」アニメ化プロジェクト始動 キャラデザ・総作監は渡辺明夫

ニュース

アドベンチャーゲーム「グリザイア」シリーズの最新作『グリザイア:ファントムトリガー』のアニメ化プロジェクトがスタートした。キャラクターデザイン・総作画監督は原作のスタッフである渡辺明夫が務める。

「グリザイア」シリーズはフロントウイングが手がけるアドベンチャーである。私立美浜学園を舞台としたサスペンスで、2011年に第1作『グリザイアの果実』が発売された。その後も『グリザイアの迷宮』、『グリザイアの楽園』などの続編がリリースされ、シリーズ累計販売数は30万本を突破している。
2014年から15年にかけてはTVアニメ化もされた本作。このたび、シリーズ最新作『グリザイア:ファントムトリガー』のアニメ化が決定した。

キャラクターデザイン・総作画監督はゲーム版のキャラデザを務めた渡辺明夫が担当。「化物語」シリーズや『神のみぞ知るセカイ』などの話題作を手がけたクリエイターが続投することになった。
今回のアニメ化について渡辺は「『グリザイア』&『グリザイア:ファントムトリガー』のファンの方にも、アニメで初めて見て頂く方にも、楽しんで頂ける作品になるよう頑張りますので、応援どうぞよろしくお願いします!」と意気込みを寄せている。

なお7月28日にはゲーム最新作『グリザイア:ファントムトリガー』Vol.3の発売が控えている。キャストは内田真礼、佐倉綾音、名塚佳織、種崎敦美、井澤美香子、南條愛乃らに加え、三森すずこ、長妻樹里、小見川千明の出演も決定。個性的なキャラクターたちによる人間ドラマを楽しめる。
アニメ化を記念して公式Twitterではゲームのパッケージ版などが当たるキャンペーンもスタートした。アニメの詳細は公式サイトにて随時発表される予定だ。

『グリザイア:ファントムトリガー』
アニメ化プロジェクト スタート

[スタッフ]
原作:フロントウイング
プロデューサー:山川竜一郎
キャラクターデザイン/総作画監督:渡辺明夫

(C)2016 Frontwing
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集