映画「ジョジョの奇妙な冒険」クレイジー・ダイヤモンド発動の新予告編が公開 | アニメ!アニメ!

映画「ジョジョの奇妙な冒険」クレイジー・ダイヤモンド発動の新予告編が公開

ニュース

8月4日公開の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の予告編第三弾が配信された。主人公・東方仗助役の山崎賢人はもちろん、仗助の前に立ちはだかるアンジェロ役の山田孝之、虹村形兆役の岡田将生がスタンドを披露するシーンも確認できた。

仗助のスタンドは触れるだけで他人の怪我を治すことができる「クレイジー・ダイヤモンド」である。破壊されたものを修復する能力も持っており、予告編第三弾では壊れた壁が一瞬で元通りになるシーンが収められた。殺人犯のアンジェロは水を操って人間の体内に入り込むスタンド「アクア・ネックレス」を用いる。彼のスタンドは杜王町の平和を脅かし、仗助の愛する母・朋子や祖父・良平にまで迫っていく。
スタンド使いを生み出す不思議な弓矢を持つ形兆は、ミニチュアサイズの軍隊を操るスタンド「バッド・カンパニー」を扱う。「バッド・カンパニー」の迷彩柄は原作者・荒木飛呂彦が本作のために描き下ろした。原作ファンにとっても注目の予告編に仕上がっている。


本作は7月2日にスイス・ヌーシャテルで行われた第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭でワールドプレミアを実施した。会場には海外映画祭初参加の山崎賢人と、世界各地に熱狂的なファンを持つ三池崇史監督が登壇。イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、アメリカなど、9か国から約300名のプレスが参加し、ワールドプレミアは満席に。上映終了後にはスタンディングオベーションが沸き起こる大盛況となった。
シリーズ累計発行部数1億作を超える大ヒット作の中でも、とくに人気の高い第四部を実写映画化した本作。日本のみならず世界各国が注目する一作となっている。

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
2017年8月4日全国ロードショー

(C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集