映画 「ジョジョの奇妙な冒険」スイスにて海外ファン熱狂のワールドプレミア開催 | アニメ!アニメ!

映画 「ジョジョの奇妙な冒険」スイスにて海外ファン熱狂のワールドプレミア開催

ニュース

生誕30周年を迎え、満を持して実写映画化された『ジョジョの奇妙な冒険』。第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭にて、本作のワールドプレミアが開催された。本映画祭には世界中にファンが多い三池崇史監督、海外の映画祭が初となる主演・山崎賢人が参加し、現地のファンから熱狂的な歓声で迎えられた。

本映画祭は、スイス、ヌーシャテルで6月30日から7月8日にかけて開催のヨーロッパを代表する映画祭だ。そんな伝統的な映画祭に、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』がコンペティション部門に出品された。
現在第8部が連載中の本作の中でも、人気の高い部となっており、本作においては初の日本のみが舞台となったシリーズだ。イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、アメリカ等を含む9か国から約300名のプレスが参加しているほか、主人公である東方仗助のコスプレをしたファンも来ているなど、国外での人気の高さも改めてわかる注目ぶりとなった。

500人収容の会場での公式上映を前に、三池は「どう楽しんでもらえるのかを一緒に楽しめたら。もう、お客さんのものですからね、わざわざジョジョをみにきてくださる人たちがどんな人たちなのか、勇気をくれる人たちだと信じています。」と本作に対して自信を感じさせるコメントを語った。
そして初の海外映画祭となる山崎も「海外の人たちがジョジョをみてどういう反応をみせるのか気になりますし、その中で一緒に映画を観られるのは貴重な体験だと思うので自分も楽しみながら、最高のキャストと最高のスタッフで作りあげた、この三池監督のジョジョワールドを皆さんに楽しんでもらえたらと思います。」と緊張の中にも自信をのぞかせるコメントを語った。

上映が終了すると、「トレビアン」の声とともに拍手が起こり、そのままスタンディングオベーションへ。その様子を見た三池と山崎は握手をし、本作が受け入れられたことに興奮を隠せない様子だった。

海外では一足早くファンに絶賛を受けた本作。日本での公開は8月4日となっており、公開が待ちどおしいところだ。

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
8月4日公開

(C) 2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会
(C) LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集