夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回 | アニメ!アニメ!

夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回

イベント・レポート

夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回
  • 夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回
  • 夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回
  • 夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回
  • 夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回
  • 夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回
  • 夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回
  • 夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回
  • 夏アニメ何を観る? 50本超えの新作PV上映&鈴木このみの生ライブも行われた“つづきみ”第4回
6月27日(火)、東京・バンダイナムコ未来研究所にて、『第4回 僕たちは新作アニメのプロモーション映像を3時間かけて一気観したらどのくらいつづきをみたくなるのだろうか?』、通称“つづきみ”が行われた。今回4回目となる本イベントは、アニメを1話も見ずに切ってしまう“0話切り”を撲滅すべく、日本放送アナウンサーの吉田尚記、女優でタレントの結を中心に開始されたPV上映イベント。壇上には、ゲストとしてジャーナリストで元「アニメ!アニメ!」編集長の数土直志、「Anime Now!」編集長のリチャード・アイゼンバイスも登場。


最初は、『クリオネの灯り』。PVの前に、特別ゲストとしてキョウコ役の原奈津子、監督の石川プロが登場し、作品紹介がなされた。本作品は、絵本に近いネット小説が原作で、いじめをテーマに描かれている。PV紹介のあとは、OPとEDを担当しているakiが登場し、ED『空ヲ飛ブ風』を披露した。




続いて、『はじめてのギャル』『将国のアルタイル』『アホガール』『バトルガール ハイスクール』、感想を挟んで『メイドインアビス』『バチカン奇跡調査官』『コンビニカレシ』『活撃 刀剣乱舞』と上映された。

ここで、再び特別ゲストコーナー。『直感×アルゴリズム』から、監督補・脚本・シリーズ構成・演出を務める西垣匡基、監督・脚本・演出を務める池浦さだ夢、楽曲提供をしている40mP、プロデューサーを務める副島義貴が登場。本作品は日中の架け橋となるAIアイドルの物語で、日本と中国で同時に、なんと生放送で進められるという、新しい試みがポイント。生放送という仕様のためPVはなく、登壇者たちが「いろいろな意味でハラハラドキドキの展開」と説明した。


ゲストコーナーのあとは、再びPV紹介。『魔法陣グルグル』『地獄少女 宵伽』『最遊記RELOAD BLAST』、結の思いのこもった熱い感想を挟んで、『アクションヒロイン チアフルーツ』『終物語』『妖怪アパートの幽雅な日常』『ひとりじめマイヒーロー』と一気に上映された。

その後3回目の特別ゲストコーナーでは、『くるねこ』から、獣医でもある異色のアニメ監督・芦名みのるが登壇した。本作品は、スマホアプリ「タテアニメ」で放送予定で、まずはこのアプリについて紹介。アニメ制作会社「Production I.G」グループが提唱する、スマホで気軽に見られるタテ型アニメーションを見られるアプリであり、多くの新作ラインナップが発表されている。くるねこは、「猫好きの猫好きによる猫好きのためのアニメ」だと話し、キャスト含めスタッフが全員猫好きというこだわりっぷりを語った。


ここで、つづきみの応援団の紹介。「JOYSOUND」「ガリガリ」「TOKYO OTAKU MODE」「Cmosy」「代々木アニメーション」「Asoboxホール」など多数の企業の協力で成り立っていると感謝の意を述べた。

そして、『ナナマルサンバツ』。PV紹介のあと、プロデューサーの佐々木まりなが、深見真理の制服のコスプレ姿で登場。タイトルにもなっている“ナナマルサンバツ”の意味や、本作品の見どころ、OP映像の出だしを紹介した。また、クイズに詳しい吉田は本作の推しポイントを語り、「死んでも見る!」と作品への期待の高さを覗かせた。

ここからは『Fate/Apocrypha』『徒然チルドレン』『恋と嘘』『異世界食堂』、さらに感想を挟み、『潔癖男子!青山くん』『異世界はスマートフォンとともに。』『RWBY Volume 1-3: The Beginning』『時間の支配者』のPVが一気に流された。

そして再び、特別ゲストが登場。『DIVE!!』から、プロデューサーの木村誠、シリーズ構成の待田堂子が登場。待田から、「気持ちの移り変わりとともに水着の色が変わる」との衝撃的な紹介があり、場にざわつきと笑いが起こった。アニメ以外にも今後様々な展開が予定されており、詳しくはHPを見てほしいとのこと。


PV紹介に戻り、『賭ケグルイ』『天使の3P』『ザ・リフレクション』『ナイツ&マジック』、感想のあと、続けて『プリンセス・プリンシパル』『NEW GAME!』『18if』『縁結びの妖狐ちゃん』『ようこそ実力至上主義の教室へ』が紹介された。『ザ・リフレクション』では、原作を手掛けているスタン・リーからのビデオメッセージも紹介された。

TVアニメとしては最後のゲスト登場。『カイトアンサ』からプロデューサーの中津川輝が登壇し、PVを2本流したあと、作品の紹介のプレゼンが行われた。本作品は、『ナゾトキネ』の第2弾として作られた謎解きアニメ。ここで、監督でプロレスラーの福士直也も登場し、キャラクターやキャストについても語られ、アニメ内で登場する謎の一部が公開された。


イベントもいよいよ終盤に差し掛かり、キービジュアルでの紹介となる2作品『ボールルームへようこそ』『ノラと皇女と野良猫ハート』、そしてショートアニメ『捏造トラップ?NTR?』『てーきゅう』『スカートの中はケダモノでした。』『イケメン戦国◇時をかけるが恋ははじまらない』『信長の忍び ~伊勢・金ヶ崎篇~』『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』のPV紹介がなされた。

ラストは、劇場版映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』。特別ゲストとして鈴木このみが登場し、TVアニメ『ノーゲーム・ノーライフ』のOPを熱唱。作品紹介のあと、さらに劇場版映画のテーマソング『THERE IS A REASON』も披露され、本イベントは終了となった。


この“つづきみ”は、期間限定ではあるが、今からでもニコニコで観ることができる。また、次回の秋アニメ前にも、第5回を開催予定とのこと。
《月乃雫》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース