「劇場版マジンガーZ」アヌシーでイベント開催 永井豪がギレルモ・デル・トロに直筆サイン | アニメ!アニメ!

「劇場版マジンガーZ」アヌシーでイベント開催 永井豪がギレルモ・デル・トロに直筆サイン

ニュース

(c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
  • (c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
  • (c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
2017年6月14日、アヌシー国際アニメーション映画祭にて『劇場版マジンガーZ』(仮題)の特別イベントが行われた。『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督が参加するサプライズもあり、原作者の永井豪と抱擁する一幕が飛び出した。

『劇場版マジンガーZ』のイベントはアヌシー映画祭のメイン会場であるボンリューで開催され、940名のキャパが完売になるほどの盛り上がりを見せた。『マジンガーZ』や『UFOロボ グレンダイザー』のTシャツを着た熱狂的なファンが集まる観客席には、『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督の姿が。まさかの登場に会場が騒然となる中、観客席には永井豪も現われて、ギレルモの持参したノートにマジンガーZのイラストとサインを直筆。ギレルモは大興奮で「サンキュー! アリガトウ!」と大きな抱擁をかわし、感激の笑顔でガッツポーズを取っていた。

イベントには本作のプロデューサーであるダイナミック企画の永井一巨と東映アニメーションの金丸裕が登壇。映画を製作することになった経緯や、ストーリーなどの最新情報を発表した。さらに世界初公開となる特別映像が流れると、鳴り止まない拍手と歓声でファンの熱気は最高潮に達した。
そして永井豪が登壇すると会場中がスタンディングオベーションで迎える。永井豪は「アヌシー初めてですが、暑いですね(笑)。蒸すような暑さの中で、熱いアニメファンの気持ち伝わってくる、開かれた映画祭という印象を持ちました」とコメント。映画については「当初より、今の世の中の方がマジンガーZが活躍するのにふさわしいと思います。未来に対する混乱を感じながら、強い力で平和を取り戻す為のヒーローを求めている空気があると思う。僕自身は45年前に作ったときもその当時より先の時代を見てつくっていたので、そういう意味で現代のほうがあっていると思います」と熱く語る。

最後に「昔からみた人も、これからはじめて見る人も、キャラクターの魅力を沢山感じていただけると嬉しいです。先ほど、ギレルモさんにマジンガーのような力で抱きつかれて(笑)。子供の頃にすごい影響をうけたと感謝されましたが、彼のような素晴らしい才能が新しいマジンガーによって影響を受けて次々と生まれてくることを期待しています。みなさんの中にもそういった才能ある方がうまれることを願っております」とファンに向けてメッセージを伝えた。

『劇場版マジンガーZ』(仮題)

[キャスト]
森久保祥太郎 茅野愛衣

[スタッフ]
原作:永井豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ)
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也
美術監督:氏家誠(GREEN)
助監督:なかの★陽
音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ:水木一郎
制作:東映アニメーション
配給:東映

(c)永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「劇場版マジンガーZ」外伝漫画2作品が連載決定 アヌシーで特別イベントも 画像 「劇場版マジンガーZ」外伝漫画2作品が連載決定 アヌシーで特別イベントも
  • 「劇場版 マジンガーZ」AJステージに森久保祥太郎、茅野愛衣が登壇「声優キャリアを賭けて演じたい」 画像 「劇場版 マジンガーZ」AJステージに森久保祥太郎、茅野愛衣が登壇「声優キャリアを賭けて演じたい」

特集