京アニ新作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」2018年1月放送決定 世界同時配信も | アニメ!アニメ!

京アニ新作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」2018年1月放送決定 世界同時配信も

ニュース

映画『聲の形』、TVアニメ『響け!ユーフォニアム』などを制作してきた京都アニメーションの新作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が、2018年1月から放送される。また世界各国での同時配信も決定した。
本作は暁佳奈が描いた、第5回京都アニメーション大賞初の大賞受賞作。文庫として現在、上巻・下巻が刊行中だ。また同スタジオ制作によるアニメ映像を用いたCMも放送されていた。

テレビアニメの監督を務めるのは、『劇場版 境界の彼方‐I’LL BE HERE‐』の石立太一。シリーズ構成は映画『聲の形』などで脚本を担当した吉田玲子だ。さらにキャラクターデザインは本作の文庫イラストを担当した高瀬亜貴子と、原作ファンも納得の布陣になっている。
そして主人公のヴァイオレット・エヴァーガーデンを演じるのは『進撃の巨人』ミカサ・アッカーマン役で知られる石川由依、OP主題歌はTRUEが担当する。

本作はとある時代のテルシス大陸を舞台に、「武器」と呼ばれた少女、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの人生を描いたファンタジー。
ヴァイオレットは相手の想いをすくい上げ言葉を紡ぐ「自動手記人形」という仕事に出会い、人の心と向き合いながら、さまざまな感情や愛のかたちに触れていく。

公式サイトのオープンに合わせてPV第1弾やキービジュアルも公開。京都アニメーションらしさ溢れる美しい映像に仕上がっており、石川由依によるナレーションも聞くことができる。
「想いを綴る、愛を知るために。」というキャッチコピーも印象的に扱われており、ここからはじまる物語に期待が高まる。

本編の放送・配信前にはワールドツアーと銘を打って、7月2日ロサンゼルスで行われるAnime Expo2017を皮切りに、日本国内を含む4カ国で先行上映イベントが開催される。
国内では10月21日に京都で行われる「第3回京アニ&Doファン感謝イベント 私たちは、いま!!-2年ぶりのお祭りです- 響け!京都から世界へ編」にて、第1話・第2話が上映予定だ。



「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
2018年1月放送・世界同時配信

スタッフ
監督:石立太一
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:高瀬亜貴子
音響監督:鶴岡陽太
アニメーション制作:京都アニメーション
OP主題歌アーティスト:TRUE

キャスト
ヴァイオレット・エヴァーガーデン:石川由依
(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集