ジャンプ連載作「ブラッククローバー」ティザービジュアル公開 studioぴえろがアニメ化 | アニメ!アニメ!

ジャンプ連載作「ブラッククローバー」ティザービジュアル公開 studioぴえろがアニメ化

ニュース

週刊少年ジャンプにて連載中、田畠裕基が描くコミック『ブラッククローバー』。studioぴえろによってTVアニメ化が決定している。このたび、本作のティザービジュアルが初公開された。

本作は、誰もが魔法を少なからず使える世界を舞台に、最果ての地の教会に拾われ育てられたアスタとユノの成長と冒険を描いた作品。
生まれつき一切魔法が使えないアスタと、天才的な魔力をもつユノ。この対照的な2人が、世界を救う魔道師の頂点といわれる“魔法帝”を目指す。
魅力的なキャラクターと物語が特に魅力で、単行本は現在までに全11巻が刊行されている。
ティザービジュアルには主人公のアスタとユノが壮絶な戦いへ挑む、鬼気迫る表情が描かれている。アニメで描かれる2人の関係性に期待が高まるイラストだ。

本作で監督を務めるのは、『夜ノヤッターマン』『モンスター娘のいる日常』の吉原達矢。シリーズ構成は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の筆安一幸だ。
そしてキャラクターデザインは『レベルE』などの=竹田逸子、アニメーション制作はジャンプ作品のアニメ化でおなじみのstudioぴえろが担当する。

今後は7月22日と29日に開催される「ジャンプビクトリーカーニバル2017」に出展し、最新情報が発表となる予定。
ティザービジュアルとスタッフは明らかになったものの、放送時期やキャスト陣などわからない部分も多い。それだけに7月の続報には多くの注目が集まるだろう。
また現在はティザーサイトと公式Twitterもオープンした。アニメ放送に向け、今後もこまめにチェックした方がいいだろう。

「ブラッククローバー」
スタッフ:
監督:吉原達矢
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:竹田逸子
サブキャラクターデザイン:徳永久美子
プロップデザイン:高橋恒星
色彩設計:篠原愛子
音楽:関美奈子
アニメーション制作:studioぴえろ
(C)田畠裕基/集英社・ブラッククローバー製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集