「BLAME!」シボ祭開催、花澤香菜&瀬下寛之監督ら“シボ”への愛を熱く語る | アニメ!アニメ!

「BLAME!」シボ祭開催、花澤香菜&瀬下寛之監督ら“シボ”への愛を熱く語る

5月27日に新宿ピカデリーにて、「シボ祭」と題した映画「BLAME!」の舞台挨拶が開催された。

ニュース
(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局
  • (C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局
  • (C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局
5月20日より公開がスタートし、ミニシアターの興行成績で1位を獲得するなど好調な滑り出しを見せる映画『BLAME!』。
5月27日には新宿ピカデリーにて「シボ祭」と題した舞台挨拶が開催。シボ役の花澤香菜、瀬下寛之監督、吉平“Tady”直弘副監督、岩浪美和音響監督が登壇し、シボにまつわるトークを展開した。

イベントでは花澤が「みなさん、シボ祭りへようこそ! みなさん、シボは好きですか?」と客席に問いかけると、観客からは大きな拍手と歓声がおきる。
そんな花澤はドレスを着ての登壇となり、それを見た岩浪からは「一輪の白百合のよう」と絶賛する一幕もあった。

花澤は自身が演じたシボについて「ゾンビから、210 センチ、手といろんな形に変わっていくので、どんな距離感でどう喋るか想像しづらかったです」とコメント。
それでも「原作にショートカットの研究者時代の彼女が出ていて、あの漫画の中のあの人の声でおしゃべりするように意識しました」と役作りのポイントを語った。
また本作は画のない状態で収録するプレスコとなったが、「ここまで自由にしていいんだなぁ? という感じでした」と率直な完走を口にする。

そんな花澤が演じるシボだが、スタッフの間では「人気あるに決まってます!」と瀬下監督。
吉平副監督も「愛があり過ぎて…ゾンビなのに、いろいろ動いたり」とシボに対する愛情を明かすと、瀬下監督は「少しでもかわいくしようというアニメーターの愛があふれてますね」とアニメーターの仕事を絶賛した。

最後に岩浪音響監督は「映画館でしか体験できない音を聴かせたいと思いました。今回の作品は、その試金石とも言えるもので、ドルビーアトモスで作らせていただき、個人的にはアニメーションの音響革命の第一歩だと思ってます!」と音に対するこだわりをアピール。
花澤は「作っているスタッフさんのワクワク感―「ここに、こういうのを入れて…」「どうだ!」ってスタッフさん同士でもわからないことがたくさんあったり、遊び心たくさん入ってて素敵な作品で、そんな作品に関われたことが嬉しいです」と語り、舞台挨拶を締めくくった。

(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集