映画「BLAME!」がアヌシーに正式出品 900人収容のビッグホールで上映 | アニメ!アニメ!

映画「BLAME!」がアヌシーに正式出品 900人収容のビッグホールで上映

ニュース

2017年5月20日公開の劇場アニメ『BLAME!』が「アヌシー国際アニメーション映画祭2017」に出品することになった。6月16日に上映される予定だ。

「アヌシー国際アニメーション映画祭」はカンヌ国際映画祭のメンバーがアニメーション部門を独立させ、1960年に新設した映画祭だ。2017年は、6月12日から6月17日までの期間に行われる。
このたび出品が決定した映画『BLAME!』は6月16日20時30分より、945人収容のonlieu Grande Salleにて上映される。マンガ家・弐瓶勉の人気SFを映像化した話題作なだけに多くの来場者を集めるだろう。

アヌシーのアートディレクターであるMarcel Jeanは「アヌシー国際アニメーション映画祭2017にて『BLAME!』を大規模上映できることを大変光栄に思っています。近年観た中では間違いなく、最高の長編SFアニメーション作品です。物語の持つ強さに、私は冒頭から引き込まれてしまいました。これは長く愛される作品になるでしょう!」とコメントを発表した。

『BLAME!』
5月20日(土)より全国公開
配給:クロックワークス
上映時間:105分

(c)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集