実写版「攻殻機動隊」5分間の本編映像を公開 アニメをリスペクトしたシーンも | アニメ!アニメ!

実写版「攻殻機動隊」5分間の本編映像を公開 アニメをリスペクトしたシーンも

ニュース

2017年4月7日ロードショーの映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』から、鮮やかな銃撃アクションシーンを収めた5分間の本編映像が公開された。原作やアニメ版へのリスペクトが感じられる仕上がりとなった。

本編映像では押井守監督の映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』で描かれた屋上からのダイブシーンをはじめ、「攻殻」シリーズのファンにとってお馴染みの場面が表現されている。光学迷彩により姿を消していた少佐が窓を突き破って登場するシーンや、華麗な銃撃アクションを披露する姿は圧巻で、公開が待ち遠しくなる出来映えである。
主演のスカーレット・ヨハンソンは「アニメ版そっくりのシーンもあるわ。そういうシーンを再現するのはワクワクしたし、観客も実写化されているのを見て興奮できるはずよ」と説明しつつも、「とはいえ、再現ばかりしていたわけではない。オリジナル版へきちんと敬意を払いながらも、それ以外は独自の作品になっているわ」と本作ならではの魅力をアピールした。



『ゴースト・イン・ザ・シェル』
2017年4月7日全国公開
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「ゴースト・イン・ザ・シェル」公開記念 「攻殻機動隊」ポップアップストア開催 画像 「ゴースト・イン・ザ・シェル」公開記念 「攻殻機動隊」ポップアップストア開催
  • 実写版「攻殻」特別映像公開 押井守「今までの攻殻の中でいちばんゴージャスな作品」 画像 実写版「攻殻」特別映像公開 押井守「今までの攻殻の中でいちばんゴージャスな作品」

特集