『十二大戦』“異常に殺す”憂城演じる岡本信彦 「誰よりも変態でいたい」と意欲【AJ2017】 | アニメ!アニメ!

『十二大戦』“異常に殺す”憂城演じる岡本信彦 「誰よりも変態でいたい」と意欲【AJ2017】

イベント・レポート

3月26日、AnimeJapan 2017にてTVアニメ『十二大戦』のトークイベントが開催された。エイベックス・ピクチャーズの特設ブースには憂城(兎)役の岡本信彦、集英社j BOOKSの浅田貴典編集長、avex picturesの松村一人プロデューサーが登壇。本作の最新情報を伝えた。

『十二大戦』は中村光がデザインしたキャラクターをもとに、西尾維新が執筆したバトルロイヤル小説が原作である。ステージは最新PVの上映からスタート。十二人のキャラクターたちが殺し合うダークな世界観が表現された。松村は「これからの物語がどう進んでいくのかを暗示させるようなPVに仕上がった」と自信を見せた。
浅田は中村が描いたキャラクターデザインのラフを公開。十二支をモチーフにした登場人物たちが公開されたが、その中でも異彩を放っているのが岡本の演じる憂城だ。パンツ一丁でサスペンダー、さらにハイヒールを履いた筋肉質の男性キャラという狂気あふれるイラストが映し出されると、客席から驚きの声が上がった。最凶最悪という設定ゆえに遠目から見ても絶対に近付きたくないキャラをコンセプトにした憂城について、岡本は「夜中に会ったら絶対に逃げますよ」とファンの笑いを誘った。

オーディションの際には憂城の「異常に殺す」というキャッチコピーが役柄を掴むポイントになったそうだ。そのコピーは芝居に例えるなら「何をやっても良い」ことに等しく、すごく楽しそうだと思ったことを明かす。
憂城の性格については「喜怒哀楽の感情で言うと喜が強い」と分析し、自分の快感を追求し続けているキャラだと解き明かした。そして「あの格好も見て欲しいんだと思う。他人の目を引きたいから筋肉も鍛えている。要は寂しがり屋なんですよ」とコメント。兎は寂しいと死んでしまうという俗説があることにも触れつつ、興味深い持論を展開した。

岡本のオーディションテープを聞いた浅田と松村は「ずっと半笑いだった」とコメント。複雑な感情が伝わってくる熱演ゆえに、全員一致でキャスティングが決まったことが明かされた。岡本は「本当ですか!」と嬉しそうな表情を浮かべ、客席から拍手が巻き起こった。
個性豊かなキャラクターたちがバトルロワイヤルを繰り広げる本作。岡本は他のキャラクターを意識しつつ「僕は変態性においては負けたくないですね。誰よりも変態でいたいなと思います」と力強く宣言した。


AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2016年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア: 2016年3月25日(土)~3月26日(日)
場所:東京ビッグサイト

『十二大戦』
(c)西尾維新・中村光/集英社・十二大戦製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集