「終末なにしてますか?」AJステージに田所あずさ登壇 新キャストは小学1年生【AJ2017】 | アニメ!アニメ!

「終末なにしてますか?」AJステージに田所あずさ登壇 新キャストは小学1年生【AJ2017】

イベント・レポート

3月26日、AnimeJapan 2017のKADOKAWAブースにて『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』のトークイベントが行われた。ニコニコ生放送で同時配信されたこのイベントは「終末なにしてますか?忙しいですか?見に来てもらっていいですか?」と題し、初お披露目の情報を含んたスペシャルな内容を届けた。
登壇はクトリ役・田所あずさ、アルミタ役・小日向茜、現在公開中の実写PVにてクトリを演じたコスプレイヤーの舟山夏妃。小日向はアシスタントMCも務めた。

舞台は既に人類が滅亡した世界。そこにたった一人、目覚めてしまった人間の青年ヴィレムが、滅び行く世界を守るため戦う妖精兵器の少女クトリと出会うところから物語は始まる。
田所と舟山は、自身が兵器そのものであり、その上15歳ほどで消えてしまうという宿命を背負うクトリについて説明し、演じる上でのアプローチについても語った。

今回、明かされた新情報は、意外なキャスティングについてだった。公募で行われたオーディションを勝ち抜きメインキャストに選ばれたのは、小学1年生の岡田日花里。物語のカギを握るエルクを演じる。
キャスト陣は岡田にメロメロな様子で、特に田所は手を繋いだり、岡田の目線に合わせてかがんでトークをしたりする場面も。岡田はアフレコ現場の癒しだそうだ。
他にもアフレコ現場では、ナイグラート役の井上喜久子が先生のような存在として活躍しているとのこと。役どころも妖精たちのお姉さん的ポジションだ。アフレコは和気あいあいとした雰囲気で進められているという。田所はアイセア役のMachicoとプライベートでも親交を深めており、イベント前日が誕生日だったMachicoの家で一緒にケーキを食べたと話した。

田所はOP主題歌アーティストも兼任。「DEAREST DROP」は女性らしい可愛いさや切ない気持ちが歌詞に詰まっており、まさにクトリの気持ちそのままだと田所は感動した様子だった。本作は音楽のこだわりも強いそうで、第1話のヴィレムとクトリが出会うシーンで流れる挿入歌にも要注目とのことだ。

最後に舟山による写真撮影会が行われた。手には聖剣セニオリスを持ち、PVで使ったクトリのコスチュームを披露。観客の撮影も解禁され、客席だけでなく立ち見の来場者も多数カメラをかまえた。

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』は4月12日より順次放送を開始する。

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2017年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア:2016年3月25日(土)~3月26日(日)
会場:東京ビッグサイト
《奥村ひとみ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集