「魔法科高校の劣等生」司波達也&司波深雪がAI化 チャットルームで会話が可能に | アニメ!アニメ!

「魔法科高校の劣等生」司波達也&司波深雪がAI化 チャットルームで会話が可能に

ニュース

ソニー・ミュージックエンタテインメントと言語理解研究所(ILU)は、共同開発した対話型人工知能サービス「PROJECT Samantha」から、『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の主人公・司波達也と司波深雪をAI化すると発表した。人工知能サービスは2017年6月9日12時から6月25日24時までの17日間、同映画のオフィシャルサイトにて期間限定で公開される。

「PROJECT Samantha」とは、ILUが開発したAIエンジン「K-laei」を利用して人格データをAI化することで、コミック・アニメ・ノベルズなどに登場する架空のキャラクターたちとの会話をさまざまなシステム内で実現するサービスである。2016年8月にイラストコミュニケーションサイト「pixiv」上で、井上麻里奈のCVによってAI化された『罵倒少女』が期間限定公開。大きな話題を呼び、サービス終了直後から再開を望む声が多数寄せられるほどの人気を博した。

このたびのAI化は、3月26日に東京ビッグサイトで開催された「Anime Japan 2017」にて発表されたもの。達也と深雪のAI化に際しては、性能を向上させた「K-laei」を活用しており、対話テキストの字面に現れる「直接的意図」と文意に現れる「間接的意図」をより精緻に処理することが可能となっている。また意味理解できる意図数は約10万種類から約12万種類に拡張されており、自然言語理解処理の根幹である意味共起を制御するアルゴリズムも改良が行われている。

さらに今回は、複数のキャラクターとのグループ・チャットも実現された。PCおよびスマートフォンにて、AI化した最強兄妹・達也&深雪とチャットルームで心ゆくまで会話を楽しむことができる。達也役の中村悠一、深雪役の早見沙織によるボイススタンプ機能も付いており、2人の存在をより身近に感じられるような人工知能サービスとなりそうだ。

『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』
2017年6月17日(土)全国公開
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集