「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」メインキャストが集結 ラストは「バハバハバハソウル!」を披露【AJ2017レポート】 | アニメ!アニメ!

「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」メインキャストが集結 ラストは「バハバハバハソウル!」を披露【AJ2017レポート】

イベント・レポート

3月26日、AnimeJapan 2017にてTVアニメ『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』放送直前ファンタジックステージが開催された。会場のGREENステージにはキャスト陣が集結してトークを繰り広げた。

「神撃のバハムート」シリーズ最新作のイベントには、新キャラクターを演じるニーナ・ドランゴ役の諸星すみれ、シャリオス17世役の梅原裕一郎が登壇。さらに前作『神撃のバハムート GENESIS』から続投したファバロ・レオーネ役の吉野裕行、カイザル・リドファルド役の井上剛、アザゼル役の森田成一も出演した。吉野はなぜかレンズに目のイラストが描かれた眼鏡を付けて登場し、会場を盛り上げていった。

まずは「GENESIS」の名場面上映からスタート。第2話のファバロとアーミラのダンス、第7話のアザゼルとのバトル、そして最終話のエピソードがスクリーンに映し出された。冒険ファンタジーの中に多彩な要素が詰め込まれた「GENESIS」について、吉野はシビアなストーリーだったと振り返り、この映像クオリティが最新作でも楽しめることに期待のコメントを寄せた。

続いては前作の10年後の世界を描いた「VIRGIN SOUL」の第1話冒頭が上映された。オープニングから心を鷲掴みにするアクションシーンが炸裂し、建物まで忠実に描かれた美しい風景もファンの視線を釘付けにした。
さとうけいいち監督は本作の世界観を表現するためにヨーロッパへのロケハンを敢行したそうだ。キャスト陣は監督が旅行写真を自慢げに見せびらかしていることを暴露して客席の笑いを誘った。

TVドラマを数多く手がけてきた脚本家の大石静が参加したことで、物語にも変化が生じている。井上はアクションが前面に出た「GENESIS」に比べて、繊細な心情が読み取れるようなドラマ性が強くなったことを明かす。とくに感情の起伏が激しいニーナを演じた諸星は難しい芝居を求められる場面も多かったようだ。だがシナリオの細やかなト書きやスタッフのディレクションからヒントを得て、キャラクターを掴んでいった。

最後はさとう監督が流行らせようとしている合言葉「バハバハバハソウル!」を梅原が披露。井上も前作オンエア時に話題となった「バハリMAX!」を絶叫し、GREENステージの最終イベントを締めくくった。

『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』
2017年4月7日 MBS/TBSほかアニメイズム枠、AT-X、サガテレビにて放送開始

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2016年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア: 2016年3月25日(土)~3月26日(日)
場所:東京ビッグサイト

(c)Cygames/MAPPA/神撃のバハムート VIRGIN SOUL
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集