「弱虫ペダル」ステージに箱学メンバー勢ぞろい!小野大輔&内田雄馬もサプライズ登場【AJ2017】 | アニメ!アニメ!

「弱虫ペダル」ステージに箱学メンバー勢ぞろい!小野大輔&内田雄馬もサプライズ登場【AJ2017】

ニュース

「弱虫ペダル」ステージに箱学メンバー勢ぞろい!小野大輔&内田雄馬もサプライズ登場【AJ2017】
  • 「弱虫ペダル」ステージに箱学メンバー勢ぞろい!小野大輔&内田雄馬もサプライズ登場【AJ2017】
  • 「弱虫ペダル」ステージに箱学メンバー勢ぞろい!小野大輔&内田雄馬もサプライズ登場【AJ2017】
  • 「弱虫ペダル」ステージに箱学メンバー勢ぞろい!小野大輔&内田雄馬もサプライズ登場【AJ2017】
  • 「弱虫ペダル」ステージに箱学メンバー勢ぞろい!小野大輔&内田雄馬もサプライズ登場【AJ2017】
  • 「弱虫ペダル」ステージに箱学メンバー勢ぞろい!小野大輔&内田雄馬もサプライズ登場【AJ2017】
  • 「弱虫ペダル」ステージに箱学メンバー勢ぞろい!小野大輔&内田雄馬もサプライズ登場【AJ2017】
  • 「弱虫ペダル」ステージに箱学メンバー勢ぞろい!小野大輔&内田雄馬もサプライズ登場【AJ2017】
3月26日、東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan2017。そのREDステージにて、現在放送中のテレビアニメ『弱虫ペダル NEW GENERATION』スペシャルステージ「箱根学園自転車競技部チームプレゼンテーション」が行われた。

アニメのオープニングテーマ「ケイデンス」を歌う夏代孝明のライブで華々しくスタートした本イベント。夏代が会場の熱気を高めたところで、続いてはチーム箱根学園のメンバーである阿部敦、代永翼、野島健児、宮野真守が登壇し、まずは『弱虫ペダル NEW GENERATION』の振り返りトークが始まる。

アニメでは箱学の追い出しレースが終わり、物語も折り返し地点に到達したところ。追い出しレースを振り返った阿部は「久しぶりの声を枯らした」とアフレコでの苦労を語ると、新キャラクターとして出演している宮野は、先輩を演じたキャストから、魂を引き継ぐ感覚を味わっていると伝えた。
また代永演じる真波山岳は、追い出しレースの中で東堂尽八と静かな戦いを繰り広げた。静かだったとはいえ、お互いの熱い思いをぶつけるレースができたと感慨深く振り返っていた。
そして野島は、荒北靖友を演じた吉野裕行から「後は頼むぞ」と声をかけてくれたエピソードを披露。その言葉を聞いて「新世代でもチームワークを高めていきたい」とあらためて感じたという。

これから物語はインターハイに突入していくが、そのメンバーには新たに銅橋正清、新開悠人が登場する。そしてステージでは2人を演じるキャストとして小野大輔、内田雄馬が発表されると、今度は2人がシークレットゲストとして壇上に現れる。
2人はキャラクターのセリフを交えながらの自己紹介を行うと、会場のファンからは大きな拍手と歓声が巻き起こった。

小野によると、かつて巻島役としてオーディションを受けた過去があるという。そのときは残念ながら落ちてしまったものの、その後原作にハマり、ロードバイクまで購入したほどだという。そのため銅橋正清役としてあらためて出演することとなり「夢がかなった心境」と語った。
次いで内田は過去のアニメを見て、熱いストーリーに胸を打たれたと同時に、芸歴の近い山下大輝が主人公を演じていることに刺激も受けていたという。

そしてトークの焦点は「2人が加わることで物語はどう進んでいくのか」に集中する。箱学は追いかける側になったと話す宮野だが、本気でぶつかることが強さになっていくと熱く語る。芝居のうえでも同様に、強い気持ちで突き進んでいきたいとファンに誓った。
また代永は、インターハイのアフレコはすでに始まっており、スタジオには30人近くの声優がスタジオに入ることもあると明かした。非常に熱気のある現場になっているという。

ラストはエンディングテーマを担当する佐伯ユウスケが登場。佐伯はアニメの締めくくりを飾る「ナウオアネバー」と熱唱し、会場に駆けつけたファンを最後まで楽しませる。
その後再び箱学メンバーが壇上に集結すると、全員で「箱学!ファイ!」の掛け声。それに会場のファンは阿部が演じる泉田塔一郎の「アブ!」の掛け声で応えて、イベントは幕を閉じた。

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2017年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア:2016年3月25日(土)~3月26日(日)
会場:東京ビッグサイト
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集