「超スーパーヒーロー大戦」消滅したヒーローがまさかの復活! 北岡秀一&陣マサトら登場 | アニメ!アニメ!

「超スーパーヒーロー大戦」消滅したヒーローがまさかの復活! 北岡秀一&陣マサトら登場

ニュース

3月25日の公開まで約1ヶ月と迫った『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』。『仮面ライダー』および『スーパー戦隊』シリーズで活躍するヒーローが総勢100名登場する本作で、歴代の人気キャラクターが復活を果たすことが分かった。

新キャストとして発表となったのは、2013年に放送された『獣電戦隊キョウリュウジャー』より空蝉丸(キョウリュウゴールド)役を演じた丸山敦史。2002年放送の『仮面ライダー龍騎』からは北岡秀一(仮面ライダーゾルダ)役の小田井涼平。
『特命戦隊ゴーバスターズ』(12~13年放送)より、陣マサト(ビートバスター)役の松本寛也、そして昨年まで放送されていた『手裏剣戦隊ニンニンジャー』で活躍した加藤・クラウド・八雲(アオニンジャー)役・松本岳の4人である。

小田井が演じる北岡秀一、松本演じる陣マサトの2人は、いずれも作中で亡くなった、あるいは消滅したことで視聴者に大きな衝撃を与えた存在だ。2人は新たな物語の中で、どんな役割を担うのかは興味深いところだ。
北岡秀一が登場した『仮面ライダー龍騎』のテレビシリーズは2003年1月で放送が終了しているため、実に約14年ぶりの復活となる。久しぶりの登場に期待を寄せる往年のファンも多いだろう。

今回の発表に合わせて4人の写真も公開されており、宝生永夢役の飯島寛騎を中心に、『仮面ライダー電王』のモモタロス、小田井、松本、松本の5人が確認できる。映画では「チームエグゼイド」としてこの5人で共に闘うことになるようだ。
予告編などでも変身後のキャラクターの姿は公開されていたが、変身前の姿で登場するのかは謎のままだった。変身前の姿でも登場することが改めて発表されたことで、物語への期待感も一層膨らんだはずだ。

『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』
公開日:2017年3月25日(土)
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 AG・東映
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集