「劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-」5月6日公開 真島ヒロ描き下ろしビジュアルがお披露目 | アニメ!アニメ!

「劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-」5月6日公開 真島ヒロ描き下ろしビジュアルがお披露目

ニュース

新たな映画プロジェクトが報じられていた『FAIRY TAIL』が、『劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』を2017年5月6日より全国公開すると発表した。公開日決定に伴い、ポスタービジュアルが披露されている。

『FAIRY TAIL』の原作は、講談社「週刊少年マガジン」にて2006年より連載中のファンタジーマンガだ。一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィが火を操る魔導士・ナツの所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加わり、依頼をこなしながら成長していく姿を描いている。TVアニメは2009年より2期にわたって全277話が放送されており、2012年には『劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女』が公開された。

今回の劇場版は、原作者・真島ヒロが自ら描き下ろした193ページにも及ぶネームを元に創られた、渾身のオリジナルストーリーだ。断崖絶壁に囲まれた孤島・ステラ王国を舞台に、ナツやルーシィらおなじみのメンバーに加え、魅力的なオリジナルキャラクターたちがスクリーンを彩っていく。
人間たちに葬られたドラゴンたちの怒りが宿る杖・竜の涙(ドラゴンクライ)をめぐる物語は、最終章に突入し盛り上がりを見せる原作マンガの内容とも関係していくのだろうか。ファン注目の映画となりそうだ。

このたび公開されたポスタービジュアルは、真島が映画のために一から描き下ろしたもの。角を生やして鋭い爪を持ち、背中に大きな翼を宿して半身が竜と化した主人公・ナツの姿が描かれている。深い闇を背景に、こちらを強く睨みつける瞳と固く握りしめた拳が印象的なカットだ。

これまで語られることのなかったナツの正体が垣間見える、意味深な一枚によって告知された『劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』。今後の続報を待ちたい。

『劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』
2017年5月6日(土)全国ロードショー

(C)真島ヒロ・講談社/劇場版フェアリーテイル DC 製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集