TVアニメ「アリスと蔵六」4月スタート 大和田仁美と大塚明夫がメインキャスト | アニメ!アニメ!

TVアニメ「アリスと蔵六」4月スタート 大和田仁美と大塚明夫がメインキャスト

ニュース

テレビアニメ『アリスと蔵六』の最新情報が明らかになった。まず放送情報が決定し、2017年4月よりTOKYO MXほかにてオンエア開始となる。キャストには大和田仁美と大塚明夫が起用された。

『アリスと蔵六』は今井哲也が「月刊COMICリュウ」にて連載中のSFファンタジーが原作である。2016年11月にテレビアニメ化が発表されていたが、このたび正式な放送情報が明らかになった。2017年4月よりTOKYO MX、KBS京都、サンテレビ、BS11にて放送される。
メインキャストも公開された。研究所と呼ばれる施設で外の世界を知らずに生まれ育った紗名役は『SHIROBAKO』や『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』の大和田仁美が担当。「自分が想像した通りに周囲の物理法則を書き替える」という万能の力を持ち、ワガママで世間知らずな少女を演じる。
彼女が外で出会った樫村蔵六役は『ブラック・ジャック』やゲーム「メタルギアソリッド」シリーズなどで主演を務めた大塚明夫。ムッとしたような表情を崩さず曲がったことが大嫌いな頑固じいさんという役柄に起用された。大和田と大塚の掛け合いも楽しみなキャスティングである。最新PVでは紗名の姿やモノローグも披露されており、こちらも注目の仕上がりとなった。


それにあわせて、メインスタッフも発表された。監督は『ふらいんぐうぃっち』や『神様のメモ帳』の桜美かつしが担当。シリーズ構成は『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』で桜美監督とタッグを組んだ高山文彦が務める。キャラクターデザインは岩倉和憲、音楽はTO-MASが担当。アニメーション制作はJ.C.STAFFが行う。

テレビアニメ『アリスと蔵六』
2017年4月よりTOKYO MX・KBS京都・サンテレビ・BS11にて放送開始

[スタッフ]
原作:今井哲也(徳間書店「月刊COMICリュウ」連載)
監督:桜美かつし
シリーズ構成:高山文彦
キャラクターデザイン:岩倉和憲
音楽:TO-MAS
アニメーション制作:J.C.STAFF

[キャスト]
紗名:大和田仁美
樫村蔵六:大塚明夫

(c)今井哲也/徳間書店・「アリスと蔵六」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集