2017冬アニメ、何を観る? 0話切り撲滅のためのPV上映イベント「つづきみ」レポート | アニメ!アニメ!

2017冬アニメ、何を観る? 0話切り撲滅のためのPV上映イベント「つづきみ」レポート

イベント・レポート

2017冬アニメ、何を観る? 0話切り撲滅のためのPV上映イベント「つづきみ」レポート
  • 2017冬アニメ、何を観る? 0話切り撲滅のためのPV上映イベント「つづきみ」レポート
  • 2017冬アニメ、何を観る? 0話切り撲滅のためのPV上映イベント「つづきみ」レポート
  • 2017冬アニメ、何を観る? 0話切り撲滅のためのPV上映イベント「つづきみ」レポート
  • 2017冬アニメ、何を観る? 0話切り撲滅のためのPV上映イベント「つづきみ」レポート
  • 原作:モンキー・パンチ (C)TMS
  • (C)重野なおき/白泉社・信長の忍び製作委員会
  • (C)重野なおき/白泉社・信長の忍び製作委員会
2016年12月27日(火)、都内の「J-SQUARE SHINAGAWA」にて、2017年冬アニメのPV一気観イベント『僕たちは新作アニメのプロモーション映像を3時間かけて一気観したらどのくらいつづきをみたくなるのだろうか?』、通称“つづきみ”が開催された。
司会をニッポン放送のアナウンサー・吉田尚記、女優兼タレント・結が務める本イベントには、「アニメ!アニメ!」元編集長のジャーナリスト・数土直志、海外向けアニメ情報サイト「Anime Now!」の編集長・リチャード・アイゼンバイスもコメンテーターとして参加した。
0話切りを撲滅しようという主旨で始まったこの企画は、今回で2回目。冬アニメ48作品中44作品のPVを製作元から許可を取って集め、みんなで視聴するという“気持ちいいオタクのイベント”だ。イベントの様子は、ニコ生でも配信された。
まずは特別ゲストとして、様々なアニメの主題歌を手掛ける「MYTH&ROID」が登場し、『Re:ゼロから始める異世界生活』の『Paradisus-Paradoxum』、冬の新アニメ『幼女戦記』のOP『JINGO JUNGLE』を披露した。

ここからは、PV上映。まずは『幼女戦記』2本。主人公のターニャ・デグレチャフの狂気をはらんだ表情、戦闘シーンの激しさに、司会の2人も大興奮。続いて『アイドル事変』、『elDLIVE』、『Chain Chronicle ヘクセイタスの閃』、『この素晴らしい世界に祝福を!2』のPVが流された。新作や人気ゲーム原作、1期人気作と注目のアニメ4本のPVに、ニコ生のコメントも弾幕状態。期待度の高さが窺えた。

続いて、『霊剣山』、『弱虫ペダル NEW GENERATION』、『Akiba STRIP』、『Super Lovers』。結は『Akiba STRIP』の大ファンだそうで、原作とはまた違った尖り方をしていて、アニメのワチャワチャした秋葉原を見られるのが楽しみだと語った。

ここで2回目のゲスト登場。KADOKAWAの村田麟太郎、声優のブリドカットセーラ恵美が登場し、『CHAOS;CHILD』を紹介。本作のヒロイン・来栖乃々を演じているブリドカットが中心となって作品やキャラクター、パッケージ情報などについて解説した。最後には出来立てのPVも流された。


このあとも『ガヴリールドロップアウト』、『うらら迷路帖』、『青の祓魔師 京都不浄王篇』、『亜人ちゃんは語りたい』、そして『GRANBLUE FANTASY The Animetion』、『ACCA13区監察課』、『クズの本懐』、『南鎌倉高校女子自転車部』と続々とPVが登場。TVアニメとしては6年ぶりの『青エク』や、吉田、結ともに期待大と絶賛した『ACCA』、結の推し作品『クズの本懐』を中心に熱く語られた。

3回目のゲストコーナーには、『あいまいみー~Surgical Friends~』の監督・いまざきいつきが登場。本イベントのために作られた紹介用VTRを2本流し、「部活もので百合ホラー」「笑いはとれないかもしれないけど怖さは負けない」と笑いを誘った。最後に流されたPVにはピコ太郎のパロディが織り交ぜられるなど、ネタ要素も満載となっていた。

続いて『昭和元禄落語心中―助六再び篇―』、『リトルウィッチアカデミア』、『MARGNAL#4 KISSから創造るBig Bang』、『鬼平』、そして『バンドリ』、『Tales of Zestiria the X』、『ナンバカ』と上映された。『鬼平』は、今話題の劇場アニメ『この世界の片隅に』にも携わっている丸山正雄がプロデューサーを務めており、数土も非常に注目している作品。また、『バンドリ』は実際に声優陣が本気で演奏していることで話題を集めている。
そして「絵梦株式会社」の作品紹介PVと、最新アニメ『Spiritpact』のPVも流された。中国は今、アニメ業界で注目度が非常に高まっているとのこと。

ここからの4本は、劇場アニメのPV。『龍の歯医者』、『オーバーロード』、『ルパン三世 カリオストロの城 MX4D』、『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』。どれも見ごたえのありそうな作品ばかりだが、世代を超えて愛されている「ルパン三世」シリーズが2本ということで、リチャードも「ルパンはコメディもシリアスも素晴らしいので楽しみです」と期待を高めていた。


ここからは再びTVアニメ。『Fate/Grand Order』、『政宗くんのリベンジ』、『けものフレンズ』、『銀魂』、短編アニメ『超少年探偵団NEO』、『戦国鳥獣戯画~乙~』、『ちるらん にぶんの壱』、『ピアシェ~私のイタリアン~』、『OneRoom』、『信長の忍び』が流された。
『Fate/Grand Order』は大晦日というスペシャルな枠で放送されるが、これは絶大な人気を誇っているシリーズだからこそ。また、2クール目となる『信長の忍び』の監督・大地丙太郎から、巻物状の密書が届いた。密書には、監督からのコメントや2クール目の展開について書かれていた。


3時間に及ぶ“つづきみ”も、いよいよラストスパート。『Rewrite』、『スクールガールズストライカーズ』、『風夏』のPV紹介がなされ、その後アンケート。「今日の放送で観たいアニメは増えましたか?」という質問に対し、「はい」が79.7%、「最初から全部観る予定だった」も9.4%と高評価。最後は数土、リチャード、吉田、結が一言ずつコメントを述べ、本イベントは終了となった。


『信長の忍び』
(C)重野なおき/白泉社・信長の忍び製作委員会

『ルパン三世 カリオストロの城 MX4D』
原作:モンキー・パンチ (C)TMS
《月乃雫》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集