浪川大輔が五ェ門になった瞬間…「血煙の石川五ェ門」最速プレミア先行上映会レポート | アニメ!アニメ!

浪川大輔が五ェ門になった瞬間…「血煙の石川五ェ門」最速プレミア先行上映会レポート

イベント・レポート

浪川大輔が五ェ門になった瞬間…「血煙の石川五ェ門」最速プレミア先行上映会レポート
  • 浪川大輔が五ェ門になった瞬間…「血煙の石川五ェ門」最速プレミア先行上映会レポート
2016年12月19日に東京の新宿バルト9で『LUPIN THE IIIRD血煙の石川五ェ門』の最速プレミア先行上映会が行われた。上映前にはトークも行われ、ルパン三世役の栗田貫一、石川五ェ門役の浪川大輔、小池健監督、浄園祐プロデューサーの4名が登壇した。

まず栗田は「TPP、PPAP」など時事ネタを入れながら安倍晋三首相のモノマネを披露。そこに浪川が「ちょっとその前にご挨拶の方を…」とツッコみ、ルパンファミリーならではの息の合った掛け合いが見られた。笑いも起こり和やかなムードとなったが、本作についての話になると、栗田は「浪川大輔が五ェ門になった瞬間」と語った。それに対し浪川は「感無量です」と答え、五ェ門という大役を受け継いだことに今でも悩むことがあると話した。しかし本作で敗れても立ち上がる五ェ門と自分に近しいものを感じ「五ェ門に助けられた」と語った。小池監督はそれに「お見事でした」と話し「今までに見たことのない五ェ門を演じてくださった」と続けた。

『次元大介の墓標』に続くPG-12指定のハードなシリーズについて聞かれると、栗田は「浸透するとまさか思ってなかった」と当初の想いを吐露。改めてルパンファミリーが泥棒、人殺し、詐欺師の犯罪者集団であることを理解し「悪い奴らの集まりなのに、良い人みたいになってきすぎていた」と発言すると、浪川も「僕もハートしか盗まないと思ってました」と納得。
今回の続編については前作で「五ェ門が出てない」「見たい」という声があったことや、「剣士としての五ェ門を、メンタル面を含めた部分でやってみたい」という想いがあったと小池監督が明かした。さらに栗田のルパンについて聞かれると「めちゃくちゃ渋いんですよ」と言い、栗田は「偶然ですよ」と答え会場では笑いが起きた。しかし栗田は、「LUPIN THE IIIRD」のテーマをもらった時に、山田康雄の演じたルパンではなく「僕のテイストのルパンが聞きたい」「悪くていいんだ、もっと悪くしてくれ」そういったメッセージを受け取ったと語った。しかし「僕元々良い人間なんで…悪い方いきにくいんですよ」と笑顔を見せた。
さらに今のルパンファミリーについて、以前の声優陣の凄さを理解しながらも、それぞれのポテンシャルの高さから「後の時代で考えたらもっとすごいファミリーになる」と語った。「似てもないんですよ、モノマネ的には」と続けたが、それぞれの演じる不二子、銭形、五ェ門が新たなファミリーになり、「彼らの持っていた何かが、いつの間にか誰にも文句を言わせてない気がするんですよね」と話した。さらに「『ルパンのなんとか』っていうのはないの?」と続編への期待も見せた。

最後に見どころを聞かれると、前作の評価が高いだけに浪川はプレッシャーを感じていると話し「SNSとか発達してますから…」と感想を呼びかけた。「それ見どころじゃなくて君のお願いじゃん!」と栗田がツッコんだが、その栗田も「広めていただくにはジャスティン・ビーバーに…」と発言しまた笑いが。
最後には「『血煙の石川五ェ門』、よろしく頼む」と浪川、栗田も「そんじゃな~」と別れを告げ、ルパンファミリーの挨拶でトークの幕が閉じた。

『LUPIN THE IIIRD血煙の石川五ェ門』
2017年2月4日ロードショー
原作:モンキー・パンチ(c)TMS
《タカロク》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集