「モンスターストライク THE MOVIE」完成披露試写会にキャスト・スタッフが登壇 | アニメ!アニメ!

「モンスターストライク THE MOVIE」完成披露試写会にキャスト・スタッフが登壇

ニュース

2016年11月24日、劇場アニメ『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』の完成披露試写会が開催された。キャストとスタッフに加えてゲストも登壇し、12月10日公開へ盛り上げていった。

イベントには中学生時代の焔レン役を務めた小林裕介をはじめ、水澤葵役のLynn、影月明役の河西健吾、オラゴン役の福島潤、監督の江崎慎平、脚本の岸本卓が登壇。YouTubeアニメから劇場版まで広がった本作について、河西は「ゲームを実際にプレイしていたのですが、まさかアニメになって劇場版になるなんて夢にも思いませんでした」と驚いた様子だった。Lynnは「一つの作品、一つのキャラクターを長く演じる事が初めてで、1年以上共に過ごした仲間たちと、劇場版モンストを作り上げたことが本当に嬉しいです! 胸をはってお届けできる作品になったと思います。楽しんで観てください」と感謝の言葉を伝えた。
小林も「マスコットキャラを演じること、映画館で上映される作品で声優を務めることが夢でした。劇場版モンストで両方夢が叶えてくれた作品なので思い入れも強いです」と作品にかかわった喜びを語る。福島は「1年以上作品に携わっているので、主人公・レン達の様に、私たちも絆も深めていきました」とキャスト陣のエピソードを明かした。

さらにゲストとしてメジャーリーガーの川崎宗則選手と、神スイングで話題のタレント・稲村亜美が登壇。川崎選手は「今回、初めてモンスターストライクを知ったのですが、アニメの映像美が美しくて、濃密なストーリーに感動しました」とコメント。稲村も「モンストのゲームをプレイしていてので、どんな作品になるんだろうと思っていましたが凄く楽しめました!」と絶賛。子供から大人まで引き寄せられる作品に仕上がったようだ。
最後は江崎監督が「渡る世間に鬼はなしというのがメッセージです。観終わった後に少しでもほっこりしてもらえればなと思っています」と作品の想いを伝えてイベントを締めくくった。

『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』
2016年12月10日(土)全国ロードショー
(c)mixi,Inc. All rights reserved.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集