「ひるね姫」主演・高畑充希が主題歌も担当 モンキーズ「デイ・ドリーム・ビリーバー」をカバー | アニメ!アニメ!

「ひるね姫」主演・高畑充希が主題歌も担当 モンキーズ「デイ・ドリーム・ビリーバー」をカバー

ニュース

『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』など、重厚な世界設定と人間ドラマを描いてきた神山健治監督の最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。
2017年3月18日の公開を予定している本作の主題歌を、主人公・森川ココネを演じる高畑充希が担当することになった。

映画の主題歌は1967年にモンキーズが発表した名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」。日本では故・忌野清志郎によく似たZERRY率いるバンド、タイマーズがカバーしたことでも有名な楽曲が、映画に華を添えることになる。
監督の神山は「映画のエンディングで流れる主題歌もストーリーの一部」と考えており、主人公の気持ちを代弁している楽曲として「デイ・ドリーム・ビリーバー」を採用した。高畑充希が自身の名義ではなく、森川ココネとして歌っているのもこの考えが影響している。

神山は「この楽曲は高畑さんでなければ意味がありません。“高畑さんが演じる森川ココネ”に歌ってもらうことで作品が完成すると言っても良いくらいです」を手応えを語る。
高畑も「役がそのまま唄うようにエンドロールに入っていきたいと監督がおっしゃったので、それだったら面白いのではないかと思い、チャレンジさせていただく事になりました」とコメント。
高畑はタイマーズのカバーも過去に聞いていたそうで、それでも「清志郎さんとはまた違った、ココネからの目線で楽曲を見られたらいいなと思い、この最高にカッコイイ曲を全力で楽しむことに集中しました」と語っている。

今回は本作の予告編映像も公開に。最新映像ではココネと満島真之介演じる幼なじみの大学生・モリオとのやりとりなど日常風景が描き出される。
しかし後半になると江口洋介演じる父親・モモタローが突然警察に逮捕され、東京に連行されてしまう。ほかにも海中から突如姿を現した異形の怪物など、怒涛の展開を予感させる映像だ。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集