「ひるね姫」キービジュアル公開 鏡写しの世界には髑髏ジャケットの少女 | アニメ!アニメ!

「ひるね姫」キービジュアル公開 鏡写しの世界には髑髏ジャケットの少女

ニュース

『東のエデン』『精霊の守り人』などを制作し、重厚な世界設定と人間ドラマで評価を高めてきた神山健治監督が贈る最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。
2017年3月18日に公開を迎える本作の、新しいキービジュアルが公開された。高畑充希演じる、幸せそうに眠るヒロイン・森川ココネをとらえた温和な雰囲気の第1弾ポスターから一転、何かを発見し驚くココネの表情が印象的な1枚に仕上がっている。

周囲には物語の舞台である岡山県倉敷市の風景が広がり、さらにココネの足元には水たまりも。その水たまりには鏡写しのような別世界が確認できる。
鏡写しの世界では、物語の重要キャラクターであるぬいぐるみ・ジョイが生命を宿し、バイクはロボットの「ハーツ」に変形。
現実を忠実に再現した倉敷市の風景は、夕暮れ時のファンタジックな雰囲気に変貌を遂げている。そしてココネは髑髏をあしらったジャケットを着た少女の姿に変化している。

本作におけるココネはいたって平凡な女子高生ながら、同じ夢ばかり見る不思議な現象が起こる。ココネの見る夢が、物語に大きく関わってくるのだ。
そしてキービジュアルで確認できる別の世界は、ココネの夢とどう関わってくるのか。髑髏ジャケットの少女はココネとどんな関係で、どんな活躍を見せるのか。謎が深まるとともに想像力をかきたてるビジュアルとなっている。

12月3日からは劇場にて前売券の販売もスタートする。特典はふたつのキービジュアルと、主人公・森川ココネが描かれた特製クリアファイル2種類。
価格はムビチケ小人券が900円(税込)、ムビチケ一般券が1,400円(税込)。細心のキービジュアルが早くもグッズでも楽しめるとあって、ファン注目の前売り券となるだろう。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集