「ひるね姫」釘宮理恵が犬のぬいぐるみ・ジョイを担当 神山健治作品に初参加 | アニメ!アニメ!

「ひるね姫」釘宮理恵が犬のぬいぐるみ・ジョイを担当 神山健治作品に初参加

ニュース

神山健治監督の映画最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年3月18日に全国公開を迎える。このたび、新キャストとして声優の釘宮理恵の起用が発表された。主人公・森川ココネの相棒で犬のぬいぐるみ・ジョイを演じる。

ジョイは柴犬をモチーフにデザインされており、丸いつぶらな瞳とブルーのカラーが印象的なキャラクターだ。ポスターではココネの胸に抱かれるぬいぐるみとして描かれているが、特報映像では意思を持って動いているシーンも確認できた。物語では非常に重要なキャラクターである彼は一体どんな活躍を見せるのだろうか。
ジョイを演じる釘宮理恵は今期も『CHEATING CRAFT』や『信長の忍び』など、多彩な作品に出演中の人気声優である。「たまごっち」シリーズのまめっちや「ポケモン」シリーズのフーパなどで可愛らしいキャラクターも演じてきた。ココネ役の高畑充希との掛け合いにも要注目だ。

釘宮が神山監督作品に出演するのは今回が初めてとなる。本作へのオファーについて釘宮は「とても嬉しかったです。どんな作品になるのか、わくわくしました」とコメント。
ジョイの魅力については「一つ一つのアクションが大変可愛らしいのに、ハートはしっかり男の子っぽくナイト然としていて、そのギャップにキュンとします」と見どころを語る。最後はファンに向けて「作品を楽しんで観ていただければ何より嬉しいです。どうぞよろしくお願いします」とメッセージを伝えた。

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は東京オリンピックを間近に控えた2020年が舞台。岡山県倉敷市で父親と二人暮らしの女子高生・森川ココネが、なぜかいつも同じ夢を見ることから物語が進展していく。

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』
2017年3月18日全国公開ロードショー
(c)2017 ひるね姫製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集