「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」2017年3月全国ロードショー 思わず眠くなるポスターも公開 | アニメ!アニメ!

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」2017年3月全国ロードショー 思わず眠くなるポスターも公開

ニュース

神山健治監督の最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の劇場公開月が決定した。2017年3月に全国ロードショーとなる。それに伴い、劇場用ティザーポスターが発表された。主人公・森川ココネが気持ちよさそうに眠っており、「ひるね姫」のタイトルに相応しいビジュアルとなった。

本作は2020年の岡山県を舞台に、瀬戸大橋のふもとにある穏やかな町に暮らす父と娘の物語である。ポスターには主人公である女子高生のココネが登場。ロボット・ハーツの腕の中で、犬のぬいぐるみを抱きかかえて眠っている姿が可愛らしい仕上がりだ。ポスターは7月16日より全国の劇場にて掲出される。
ココネの声を担当するのは、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインを務める女優の高畑充希だ。アニメーション映画への参加は本作が初めて、劇中では岡山弁を披露する。高畑は今回の起用について「今年だけで3つめの方言の役です(笑)。方言は難しいですね。岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです」と意気込みを見せた。アフレコは10月を予定している。
また本作を手がけるアニメーション制作会社・Signal-MD(シグナル・エムディ)のLINE公式アカウントもオープン。アカウントでは制作日誌やプレミアコンテツが配信される。こちらの最新情報も見逃さないようにしたい。

神山健治監督はこれまで『攻殻機動隊S.A.C.』『精霊の守り人』『東のエデン』『009 RE:CYBORG』などの話題作を手がけてきた。SF描写を得意とする監督が、「自分の娘に観せたい映画を作りたい」と完全オリジナル書き下ろしのファンタジーという新境地に挑む。またロボットへの変形機能を持ったサイドカー・ハーツのキャラクター原案は『ベイマックス』のコヤマシゲトが担当する。
[高橋克則]

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』
2017年3月全国ロードショー

(c)2017 ひるね姫製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集