「カブキブ!」 アニメキャラ原案はCLAMP 描き下ろしビジュアル&メインスタッフ公開 | アニメ!アニメ!

「カブキブ!」 アニメキャラ原案はCLAMP 描き下ろしビジュアル&メインスタッフ公開

ニュース

角川文庫より出版され、高校生たちが歌舞伎を部活で行うという異色の設定が話題を呼んでいる『カブキブ!』。アニメ化がアナウンスされていた本作だが、今回キャラクター原案を務めるのがCLAMPだと発表された。
合わせてCLAMPが描き下ろしたビジュアルとその他のスタッフの詳細も公開。また、放送が2017年4月からTBS、BS-TBSにて放送されることも発表された。

『カブキブ!』は2013年8月より角川文庫より刊行され、現在4巻まで刊行。2016年11月25日には待望の5巻が発売される。物語の主人公は歌舞伎大好きな高校1年生、来栖黒悟(くるすくろご)。彼の夢は部活で歌舞伎をすること。 けれど、入学した高校にそんな部は存在しない。 「それなら、自分たちで作っちゃえばいいんじゃない?」と親友のトンボと一緒に、メンバー集めに奔走するという一風変わった青春模様が展開される。

アニメ版キャラクター原案を務めるのは漫画家集団CLAMP。自身の原作である『魔法騎士レイアース』や『カードキャプターさくら』、『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』などメディアミックスされる人気作品を生み出してきた一方で、『コードギアス』シリーズのようにアニメのキャラクター原案においても高い評価を受けており、今回のキャラクターたちも生き生きと描かれている。
また他のスタッフも豪華な顔ぶれが揃っている。監督は『暁のヨナ』や『鬼灯の冷徹』などの米田和弘。脚本は『メジャー』や『きらりん☆レボリューション』に参加した中村能子。アニメキャラクターデザインは『マクロスΔ』のまじろ。そしてアニメーション制作は『坂本ですが?』や『昭和元禄落語心中』などを手がけたスタジオディーンが担当するということで、万全の座組みとなっている。

豪華スタッフが制作する異色の青春ストーリーがどのようなアニメーションとなるのか。2017年4月の放送までにさらに届くであろう続報が待ち遠しいところだ。

『カブキブ!』
2017年4月放送

(C) CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD.
(C) 榎田ユウリ/KADOKAWA/カブキブ推進委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集