「サクラダリセット」2017年春にTVアニメ化 ティザービジュアル&メインスタッフが公開 | アニメ!アニメ!

「サクラダリセット」2017年春にTVアニメ化 ティザービジュアル&メインスタッフが公開

ニュース

河野裕が手掛ける『サクラダリセット』シリーズが、2017年春にTVアニメとして放送されることが決定し、このたびティザービジュアルが公開された。同時期に2部作で全国ロードショー予定の実写映画と連動して、多角的な展開を行っていく見通しだ。

『サクラダリセット』は、『階段島』シリーズなどでも注目される河野のデビュー作だ。優しく細やかな願いから能力に目覚めた者が集まる「咲良田」を舞台に、純粋なまでに他人の幸せを願い、ときにその目的のためなら手段を選ばない浅井ケイと、彼のことを一途に慕う、極めて特殊な力を持った春埼美空のふたりが力を合わせ、時を駆け巡っていく青春模様が描かれる。

アニメーション制作は、『ジョジョの奇妙な冒険』や『planetarian』などを送り出したdavid productionに決まった。「なにかしらの痛みに耐えている登場人物たちの、透明感のある心情を少しでも映像で表現できればなと思っています」と語る、『のんのんびより』や『田中くんはいつもけだるげ』の川面真也が監督を務める。
またシリーズ構成には、『ef - a tale of memories』の高山カツヒコが起用された。原作を「とても緻密なロジックで構成された、恋と正義と優しさの物語です」と評する高山が、全話脚本を担当している。そしてキャラクターデザインは『バクマン。』や『食戟のソーマ』 の下谷智之が手掛ける。下谷は「ケイや美空、菫たちの表情を大切に作りたいと思います」とコメントしているだけに、情感にあふれたキャラクターに期待できそうだ。

自作について「意外と複雑な物語で、映像化するにはなんらかの割り切りが必要だろうと思っておりました」という河野は、その懸念から打ち合わせで「異能力サスペンス的な部分をメインにしますか? 高校生が少し哲学的な話をしている雰囲気の部分をメインにしますか?」と質問したことを振り返る。
そこで川面監督が「私が作ると、なんであれ雰囲気は壊れない」と答えたことで、「こんなにも心強いお言葉はありません」と感じ、全面的な信頼が生まれたのだという。

原作者も放送を心待ちにしているというアニメ『サクラダリセット』。実写映画ともに、ファンの視線を集めることになりそうだ。

『サクラダリセット』
2017年 春 TVアニメ放送開始

原作: 河野裕「サクラダリセット」シリーズ(角川文庫/角川スニーカー文庫)
監督: 川面真也
シリーズ構成:高山カツヒコ
キャラクターデザイン: 下谷智之
アニメーション制作: david production

(C)河野裕・椎名優 /KADOKAWA/アニメ「サクラダリセット」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集