又吉直樹「火花」を武富健治が漫画化 「ビッグコミックスピリッツ」にて連載スタート | アニメ!アニメ!

又吉直樹「火花」を武富健治が漫画化 「ビッグコミックスピリッツ」にて連載スタート

ニュース

芥川賞を受賞したことで一躍有名になった又吉直樹の小説『火花』の漫画展開が決定した。
11月28日より発売される漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」53号から連載スタート。漫画を手がけるのは、過去のドラマ化もされている『鈴木先生』の著者・武富健治だ。
『火花』は、売れない芸人徳永が、師と慕う先輩神谷と出会うことから始まる人生の変転を描いた作品。2015年に発売されると約250万部のベストセラーとなり、これまでに実写ドラマ化も果たしている。

原作者・又吉は「もともと武富先生のファンだったので楽しみですね。武富先生の漫画は文学を読んでいる感覚で読めるんです」とコメントで期待感を伝えている。
「原作と読み比べてもらってもいいですし、漫画を楽しんだあとに、小説はあんまり読まへんけど試しに読んでみようかなと、手にとってもらってもありがたいですね」と原作をすでに読んだファンに対しても積極的にアピールしている。

「週刊ビッグコミックスピリッツ」53号は「文学特集号」と銘打たれており、“文学は小難しい”と思う人でも充分に楽しめる内容になっている。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集