「シン・ゴジラ」興行収入80億円突破 邦画実写映画では「永遠の0」以来3年ぶり | アニメ!アニメ!

「シン・ゴジラ」興行収入80億円突破 邦画実写映画では「永遠の0」以来3年ぶり

ニュース

7月29日に封切られると、迫力の映像と圧倒的な情報量、取材に基づくリアリティで大ヒットを記録してきた映画『シン・ゴジラ』。
本作が11月16日までの111日間で観客動員551万人、興行収入は遂に80億円を突破したことが明らかになった。

興行収入80億円超えの記録は、邦画実写映画としては、2013年12月21日に公開された『永遠の0』以来となる快挙だ。その『永遠の0』は、最終的な興行収入は87.6億円に達した。
今なお公開中の『シン・ゴジラ』は、これまでのゴジラシリーズでは考えられないほど幅広い層の観客を獲得。数多くのリピーターを生み出しているだけに、『永遠の0』の記録を超える可能性も十分に考えられる。

現在もソフトバンクの新CMにゴジラが登場したり、あるいは鑑賞者限定の街コンイベントが開催されたりと多くの話題を振りまく本作。今回のニュースを受けて、一段と注目されることになるだろう。

『シン・ゴジラ』最新動員状況(11月16日現在、公開111日時点)
・観客動員:5,513,652人
・興行収入:8,001,673,200円
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集