「劇場版マジェスティックプリンス」アフレコレポート公開 ラジオには杉田智和がゲスト出演 | アニメ!アニメ!

「劇場版マジェスティックプリンス」アフレコレポート公開 ラジオには杉田智和がゲスト出演

ニュース

『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』は11月4日より2週間限定で全国上映となる。このたび、7月に行われたアフレコのレポートが公開された。上映前日の11月3日にはWEBラジオの最新回も配信され、ゲストには新キャラクター・スギタ教官役の杉田智和を迎える。

劇場版のアフレコはシリーズの集大成ということもあり、総勢30人以上のキャストがスタジオに集結した。主人公のチームラビッツを演じる浅沼晋太郎や日笠陽子をはじめ、各レギュラーキャストはまったくブランクを感じさせず、元永慶太郎監督や音響監督の細かな演出が必要ないほど。すぐにキャラクターになりきり、圧巻の芝居を披露した。
劇場版ではチームフォーンという4人組の新チームも登場する。メンバーを演じる斉藤壮馬、代永翼、雨宮天、鈴木愛奈は、現場の和やかな雰囲気もあって、個性的なキャラクターたちをしっかりと表現していった。本編映像はまだ未完成だったものの、迫力やスピード感が伝わってくるバトルシーンでは感嘆の声が漏れ、キャスト陣もその仕上がりに期待感を膨らませていた。

劇場版で中心的な役割を担うアサギ役の浅沼は「劇場版制作を聞いた時は“やっと来た!”という気持ちになりましたし、ラビッツはもちろん、キャスト全員がチームだと思っているので、ひさしぶりのマジェプリの収録はすごく楽しみでした。マジェプリはファンの皆さんが心から愛してくれている、見守ってくれている感じがすごく強い作品で、本当にありがたく思っています。ぜひ劇場に足を運んで頂けたら嬉しいです!」とファンにメッセージを送った。
11月3日17時からはWEBラジオ「GDF広報室提供 帰ってきちゃった!MJPザンネンラジオ」の最新回を配信。ゲストには2013年のテレビアニメ放送時より本作のファンだと公言し、劇場版で初出演となった杉田智和が登場。パーソナリティの浅沼とどのようなトークを繰り広げるのか、こちらも注目の内容になるだろう。

『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』
11月4日から2週間限定特別上映
配給: 東宝映像事業部
(c) 2016 創通・フィールズ/MJP製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集