CGアニメ映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」東京ゲームショウでPV映像初公開 | アニメ!アニメ!

CGアニメ映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」東京ゲームショウでPV映像初公開

ニュース

9月15日から18日までの四日間、日本最大のゲームイベント「東京ゲームショウ2016」が行われる。開催初日の15日には、映画「バイオハザード」シリーズのフルCGアニメ映画最新作『バイオハザード:ヴェンデッタ』のパネルディスカッションが開催された。
ステージには辻本貴則監督、清水崇エグゼクティブ・プロデューサー、小林裕幸プロデューサーが登壇。さらにプロモーション映像が世界初公開され、ゲーム、アニメ、映画ファンを満足させる仕上がりとなった。

『バイオハザード:ヴェンデッタ』はシリーズ累計販売本数6900万本を超えるホラーゲーム「バイオハザード」シリーズの映画最新作である。ゲームの世界観をベースに、人気キャラクターたちが予想不可能なバトルを繰り広げていくストーリーだ。
プロモーション映像は「東京ゲームショウ2016」のカプコンブースで上映中。公式サイトではイベント終了後の9月18日17時より配信される。映画の公開は2017年春を予定しており、半年間かけて様々な情報を送り出していく。

メインスタッフには『THE NEXT GENERATION パトレイバー』をはじめ、アクション表現を得意とする辻本貴則監督を起用。脚本は小説家としても活躍する深見真、音楽は『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』などの押井守監督作品を数多く手がけ、アニメ、映画、ドラマと幅広く活躍する川井憲次が務める。
エグゼクティブ・プロデューサーは、映画「呪怨」シリーズを手がけ、ハリウッドのリメイク版では日本人初となる全米興行成績初登場1位を獲得した清水崇、プロデューサーは原作監修としてカプコンから小林裕幸が参加。これまでのCGアニメシリーズからスタッフを一新し、マーザ・アニメーションプラネットが制作を行う。

映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』
2017年春公開予定
(c) CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集