「くまみこ」スペシャルイベントが開催 浴衣姿の「KUMAMIKO DANCING」で村おこし 安元洋貴の活躍も | アニメ!アニメ!

「くまみこ」スペシャルイベントが開催 浴衣姿の「KUMAMIKO DANCING」で村おこし 安元洋貴の活躍も

イベント・レポート

(C)2016 吉元ますめ・KADOKAWA刊/「くまみこ」製作委員会
  • (C)2016 吉元ますめ・KADOKAWA刊/「くまみこ」製作委員会
  • (C)2016 吉元ますめ・KADOKAWA刊/「くまみこ」製作委員会
アニメ『くまみこ』のスペシャルイベント、「熊出神社 秋祭り」が9月11日(日)に開催された。イベントには雨宿まち役の日岡なつみほか、クマ井ナツ役の安元洋貴、雨宿良夫役の興津和幸、酒田響役の喜多村英梨が登壇。ED曲「だって、ギュってして。」を歌う花谷麻妃(Fullfull☆Pocket)も出演した。

イベントは司会の興津とナツとの掛け合いでスタート。最初は「浴衣DEファッションショー」として、興津の軽快な煽り文句とともに日岡・安元・喜多村ら浴衣姿のキャスト陣が客席から登場した。

挨拶代わりの「フリートーク」では、日岡がこれまでの『くまみこ』イベントでのエピソードを披露し、思い出話に花を咲かせた。出演者それぞれのお気に入りシーンを紹介する「アニメ上映会」コーナーでは、興津がナツの「モキュ」をチョイス。すかさず安元が再現してみせ、客席から歓声が上がった。

「アイドルスペシャルライブ」は花谷の見せ場に。キュートなダンスとともに「だって、ギュってして。」が披露され、会場がサイリウムの光で満たされた。

それ以降のコーナーには花谷も参加。作品にちなんだ「都会っ子クイズ大会 都会の常識」では、書店チェーンの「ヴィレッジヴァンガード」と答えさせたい日岡がヒントのイラストを披露した。以前仙台で行われた同企画のリベンジを期したものだったが、キャスト陣と客席の反応はいまひとつ。
続く「お絵描き回覧板」は、イラストでの伝言ゲームといった内容。ここでは安元と喜多村が冴え渡り、最後まで見事にバトンをつないだ。

会場のファンに向けた「福引き大抽選会」では、またしても安元が活躍する。賞品の等級を決める輪投げで2等を射止め、大きな拍手を浴びた。

イベントを締める「KUMAMIKO DANCING」の歌唱には、出演者全員が参加。客席も総立ちとなり、歌詞そのままに「踊らにゃ損」と楽しんだ。
最後は、花谷が作中のローカルアイドル・アキのセリフをもじった「エイエイポー!」の掛け声でまとめ、「村おこしプロジェクト」は大盛況のうちに幕を閉じた。

(C)2016 吉元ますめ・KADOKAWA刊/「くまみこ」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集