「劇場版 マジェスティックプリンス」新キャラクター5人の設定画公開 上映劇場も明らかに | アニメ!アニメ!

「劇場版 マジェスティックプリンス」新キャラクター5人の設定画公開 上映劇場も明らかに

『劇場版マジェスティックプリンス(仮題)』は11月4日に全国公開を迎える。このたび、本作に登場する新たなキャラクター5人の設定画が公開された。

ニュース
『劇場版マジェスティックプリンス(仮題)』は11月4日に全国公開を迎える。このたび、本作に登場する新たなキャラクター5人の設定画が公開された。

新キャラクターとして作品に登場するのは、パイロット候補生「チームフォーン」のメンバーであるセイ・ユズリハ、クリス・ソルフェリーノ、ユイ・マガリャネス、アン・メディクムの4人に加え、その教官であるスギタだ。キャストは斉藤壮馬、代永翼、雨宮天、鈴木愛奈、杉田智和がそれぞれ担当する。
今回、その新キャラクター5人の設定画が公開となった。TVシリーズと引き続き平井久司がキャラクターデザインを担当しており、それぞれ個性豊かな表情がお披露目となった。イズルら“ザンネン5”のメンバーとどのようなドラマを繰り広げるのか、期待が募る。

また本作の上映劇場が発表された。TOHOシネマズ 新宿をはじめ、北海道の札幌シネマフロンティアから福岡のTOHOシネマズ 天神まで全国各地の映画館がラインナップされた。そのほか上映劇場は、公式ホームページにて確認できる。
その上映劇場では、本日8月26日から前売り鑑賞券とムビチケが発売となる。平井久司描き下ろしビジュアル、さらにその原画がデザインされたオリジナルクリアファイルが数量限定で贈られる。確実にゲットしたいファンは、早めに劇場へ足を運んだほうがいいろう。

今後も9月にはオリジナルノベルの単行本やBlu-ray BOXが発売、さらに劇場版の正式タイトが発表と注目のイベントが控えている本作。劇場版の公開へ向けて、話題が尽きることはなさそうだ。

『劇場版マジェスティックプリンス(仮題)』は、テレビシリーズと同じく、監督に元永慶太郎、キャラクターデザインに平井久司、音楽に渡辺俊幸を起用した。脚本は、オリジナルノベル『銀河機攻隊マジェスティックプリンス はじまりの少女、約束の螺旋』の宍戸義孝が担当。テレビ版のシリーズ構成を担当した吉田玲子は脚本監修として参加する。

『劇場版マジェスティックプリンス(仮題)』
(C)2016 創通・フィールズ/MJP製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集