「デスノート Light up the NEW world」 主題歌は安室奈美恵 劇中歌も担当 | アニメ!アニメ!

「デスノート Light up the NEW world」 主題歌は安室奈美恵 劇中歌も担当

『デスノート Light up the NEW world』の 主題歌と劇中歌は安室奈美恵が担当することが発表された。

ニュース
10月29日の公開がいよいよ迫ってきたシリーズ10年ぶりの新作映画『デスノート Light up the NEW world』。数々の情報が公開されてきた本作だが、ここにきて主題歌を担当するのが安室奈美恵であるという驚きの情報が届いた。
主題歌「Dear Diary」は本作の世界観に合わせた壮大なバラードになっているとのことだ。また、安室は主題歌だけではなく、弥海砂をイメージした劇中歌「Fighter」も担当。こちらはアグレッシブなダンスナンバーとなっているようだ。


原作の『DEATH NOTE』は2003年から2006年まで「週刊少年ジャンプ」で連載された伝説のヒット作だ。2006年には実写映画『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』の二部作が公開された。2008年にはスピンオフ作『L change the WorLd』も公開されるなど、様々なメディアミックスが行われ、いずれも大ヒットを記録している。

そして実写版の主題歌は今までレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、レニー・クラヴィッツなどの海外のアーティストが起用されていた。しかし、世界レベルで一大社会現象を起こした本作は既に海外からも熱い視線を向けられている。プロデューサーである佐藤貴博は「今回は日本を代表するアーティストとともに、本当の意味で“日本発、世界”を主題歌においても実践しようと思い、“Queen of POP”安室奈美恵さんにお願いしました」と起用理由を説明した。
本作の世界観、テーマ性に共感した安室は「とても光栄」と主題歌の担当を快諾。更には劇中歌も担当することになった。「全く異なる2曲ですが、どちらの楽曲でも共通して自分の信念への真っ直ぐな想いを歌っています」とコメントを寄せている。

監督の佐藤信介は「デスノートによる大量殺戮が行われたキラ事件から十年。現代を舞台に、その後の世界を描くこの映画には、現代特有の闇が支配しています。しかし、安室奈美恵さんの曲によって、この映画に、奥行きが与えられたような気がしました。人間同士の戦いの果てに続いていた、思いがけない道。殺伐としたこの世界に、救いの兆しがあるとすれば、この曲が、そこに一条の光を当てている思いがしています」とコメント。主演の東出昌大も「最高の主題歌です。この一言に尽きます」と喜びのコメントを寄せている。

ここにきてまさかのサプライズが用意されていた本作。ますますその展開に期待が募るところだ。

『デスノート Light up the NEW world』
2016年10月29日(土)全国公開

(C) 大場つぐみ・小畑健/集英社
(C) 「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集