GLAY・HISASHIと吉田尚記が“アニソン”を熱弁! 「[DEATHTOPIA]」リリースを記念したトーク配信にて | アニメ!アニメ!

GLAY・HISASHIと吉田尚記が“アニソン”を熱弁! 「[DEATHTOPIA]」リリースを記念したトーク配信にて

8月3日、GLAYのニューシングル「[DEATHTOPIA]」がリリースされた。リリース当日には、スマートフォン用ライブ中継アプリ「Periscope」を使用したトークライブを全世界に向けて配信。そのレポートをお届けする。

イベント・レポート
GLAY・HISASHIと吉田尚記が“アニソン”を熱弁! 「[DEATHTOPIA]」リリースを記念したトーク配信にて
  • GLAY・HISASHIと吉田尚記が“アニソン”を熱弁! 「[DEATHTOPIA]」リリースを記念したトーク配信にて
8月3日、GLAYのニューシングル「[DEATHTOPIA]」がリリースされた。これは現在放送中のテレビアニメ『クロムクロ』の第1クールオープニングテーマ「デストピア」と、同じく第2クールオープニングテーマの「超音速デスティニー」を含む全8曲が収録されたCD。先に挙げた2曲は、GLAYのリードギターを担当するHISASHIが作詞・作曲を手がけた初のアニメタイアップ曲ということもあり、多くのファンの注目を集めている。

そんなHISASHIは、アニメを始めとするサブカルチャーに造詣が深いことで有名だ。「[DEATHTOPIA]」リリース当日には、スマートフォン用ライブ中継アプリ「Periscope」を使用したトークライブを全世界に向けて配信。オタク文化に精通しているニッポン放送のアナウンサー・吉田尚記をパートナーに迎え、“アニソン”談義に花を咲かせた。このたび、「アニメ!アニメ!」ではライブ配信の現場を取材することができたので、そのレポートをお届けする。

オープニングトークでは、「[DEATHTOPIA]」が通算54枚目のシングルであることが話題にあがった。HISASHIはGLAYの結成から30年近くが経つことを振り返り、吉田はコンビニエンスストアで働いていた時の店内BGMが「HOWEVER」だったことを回想。和やかな雰囲気でトークが進行するなか、配信のテーマが“アニソン”であることに触れた。

HISASHIは“アニソン”ベスト3として「哀 戦士」「もってけ!セーラーふく」「謡I-Making of Cyborg-」をチョイス。「哀戦士」については「ガンダムで家出をしたアムロが印象に残っている。井上大輔先生の歌とともに思い起こされますね」と、アニメ本編との結びつきに言及した。それを受けた吉田は「テレビで放送された『ガンダム』の歌はやっぱり子ども向けのものが多いですけど、『哀 戦士』は完全に大人向けですよね」と返答。HISASHIは小学生の頃に「ガンプラ」がヒットした世代で、『ガンダム』はアニメの原体験に近いという。「アニソンだけどカッコいい。あの頃はあまり、ジャンルの隔たりがなかったですよね」と当時を思い返した。

続く「もってけ!セーラーふく」については、初めて聴いた時に「すごい曲が出て来たな」と思ったそう。何よりHISASHIは『らき☆すた』に随分とのめり込んだとのことで、「こなたがカラオケで旧J-POPを歌うというエンディングがまた良い」と絶賛。吉田は、『らき☆すた』がいわゆる“聖地巡礼”の気運を高めた作品であることに触れ、そのオープニングアニメの斬新さを解説した。この「もってけ!セーラーふく」だが、実は音楽的な観点から見ても良くできた曲であるとHISASHIは言う。「スラップが入っていて、すごくしっかりした曲。無理がないシンプルな作りになっている」と評価し、自身もインスピレーションを受けたと語った。

最後の「謡I-Making of Cyborg-」については、1995年に公開されたアニメ映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』のオープニングとして使用されたことが印象的だったとトーク。HISASHIは「『(うる星やつら2)ビューティフル・ドリーマー』を作った押井守監督が、こうなるか!」と衝撃を受けたそうだ。

トーク中には、GLAYのファーストシングル「RAIN」について振り返る場面もあった。吉田は「RAIN」がアニメ『ヤマトタケル』のエンディングテーマだったことについて触れると、HISASHIは当時、X JAPANのメンバーであったHIDEから「GLAYすごいじゃん!アニソンはこれから日本の文化になるよ」と言われたエピソードを披露。HISASHIは「HIDEさんからは色んなことを教えてもらった。そのHIDEさんがアニソンを推していたことを、ふと思い出しますね」と語った。

ここまで“アニソン”に対する愛を語ってきたHISASHIが、「デストピア」と「超音速デスティニー」をどのように作詞・作曲したのかと吉田。HISASHIは「放っておくと、自然とマイナーなメロディを作ってしまう。得意な曲調ではあるので、そんなダークな部分が『クロムクロ』の影のある物語と合っているのではないか」と分析した。また、HISASHIが作詞・作曲を手がけ2014年にリリースした曲「黒く塗れ!」が製作陣の目に留まったことが、『クロムクロ』のオファーにつながったという裏話も。なお、「黒く塗れ!」は「[DEATHTOPIA]」にも収録されている。

配信終盤には、視聴者から寄せられる質問にHISASHIが答えるというやりとりが行われた。CDのタイトルが「[DEATHTOPIA]」で、曲名が「デストピア」と英字とカタカナを使い分けている意味を聞かれた際には「1曲だけでなく、ひとつの世界観を表現したかった」とHISASHI。ジャケットの質感にもこだわり、レザーや金属の手触りを通じてダークな世界観に落とし込んでいるとも語った。

まだまだ話し足りないといった様子のHISASHIと吉田だが、惜しくも配信終了の時間となった。HISASHIは10月14日・15日にX JAPANやLUNA SEAなど、超豪華なヴィジュアル系バンドが参加する音楽フェス「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」にGLAYとして出演することが決定している。生粋のGLAYファンはもちろん、『クロムクロ』でその世界観に引き込まれたという方はこちらのフェスもチェックしてみてはどうだろうか。

■■TVアニメ「クロムクロ」作品情報■■

■作品概要■
P.A.WORKS 15周年記念作品。P.A.WORKSと岡村天斎が、閉塞感漂う現代社会を打破すべく新たに挑む、学園大河メカアクション!

『花咲くいろは』(2011)、『凪のあすから』(2013)、『SHIROBAKO』(2014)、 『Charlotte』(2015)と、若者たちの成長と悩み、そして喜びをオリジナルアニメーションで描き続ける、設立15周年を迎えたアニメーションスタジオP.A.WORKSが、『DARKER THAN BLACK』シリーズ、『世界征服~謀略のズヴィズダー~』『七つの大罪』の岡村天斎監督とタッグを組み、「メカアクション」という新たなジャンルに挑む!

■イントロダクション■
ダム建設時に偶然発見された謎の遺物、
アーティファクトの研究を行うために設立された国際連合黒部研究所。
世界各国の頭脳が集う研究所員の子息が通う立山国際高校には、
研究所長の娘、白羽由希奈も通っていた。
時は2016年、夏。
ひとりのサムライが、ふたたび目を覚ます。

■スタッフ■
原作:Snow Grouse
監督:岡村天斎
シリーズ構成:檜垣 亮
ヴィジュアルコンセプト・メカデザイン:岡田有章
キャラクターデザイン:石井百合子
総作画監督:石井百合子、西畑あゆみ
美術監督:池 信孝
撮影監督:若林 優
色彩設計:水田信子
3D監督:春田幸祐
メイン3Dアニメーター:市川元成
編集:高橋 歩
音響監督:若林和弘
音楽:堤 博明
音楽制作:ポニーキャニオン
プロデュース:インフィニット
アニメーション制作:P.A.WORKS
コピーライト:(C)クロムクロ製作委員会

■キャスト■ ※各キャラの設定・説明文は、公式HPにて掲載中!
青馬剣之介時貞(おうまけんのすけときさだ):阿座上洋平
白羽由希奈(しらはねゆきな):M・A・O
ソフィー・ノエル:上田麗奈
荻布美夏:瀬戸麻沙美
赤城涼斗:石川界人
茅原純大:小林裕介
ホセ・カルロス・高須賀:武内駿輔
宇波茉莉那:杉平真奈美
白羽小春:麻倉もも
白羽洋海:東條加那子
トム・ボーデン:木村良平
リュウ・シェンミイ:植田ひかる
セバスチャン:楠 大典

■放送情報■
TOKYO MX/サンテレビ/KBS京都/チューリップテレビ/BS11/AT-X
にて放送中!

TOKYO MX   毎週木曜22:00~
サンテレビ      毎週木曜24:30~
KBS京都     毎週木曜25:00~
チューリップテレビ  毎週土曜25:53~  
BS11         毎週木曜24:00~
AT-X        毎週木曜21:00~ ※リピート放送あり

■配信情報■
NETFLIXにて毎週月曜各エピソードを配信中!
NETFLIX作品ページ:https://www.netflix.com/jp/

■■More Information■■
●公式HP:http://kuromukuro.com/
●公式Twitter:@KUROMUKURO_UNKL
●PV第1弾:https://www.youtube.com/watch?v=s4cmZ5FnHjQ
●PV第2弾:https://youtu.be/YBkzBuLf2Bk
●PV第3弾:https://youtu.be/wBGN0Twj2eM
●「クロムクロ」第1~6話 名シーンPV featuring デストピア by GLAY:https://youtu.be/KBmetFQTrzs
●「クロムクロ」由希奈マニアックス featuring リアリ・スティック by MICHI:https://youtu.be/0LSOpm1KQvM
《キャプテン住谷》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集