舞台「ハイキュー!!」29名の新キャスト発表 音駒・伊達工・常波・青城のビジュアルも公開 | アニメ!アニメ!

舞台「ハイキュー!!」29名の新キャスト発表 音駒・伊達工・常波・青城のビジュアルも公開

ニュース

2016年10月末より、東京・岩手・福岡・大阪の4都市で上演を予定しているハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』”烏野、復活!"のビジュアル、メインキャストが本日7月25日発売の「週刊少年ジャンプ」にて発表された。

ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』は、「週刊少年ジャンプ」で連載中のバレーボール漫画を舞台化した作品。プロジェクションマッピングと特殊演出、若手俳優の演劇が融合した新しい形の舞台として、各地でファンを魅了。2015年11月に開幕した初演では全公演が完売するという熱狂ぶりを見せた。

今回、新ビジュアルが公開された。作中に登場する音駒高校、伊達工業高校、常波高校、青葉城西高校にスポットが当てらている。先に公開されていた烏野高校と呼応した仕上がりで、見比べて見るのも面白い。また新たなキャラクターの再現度の高さにも注目だ。

あわせて新キャストが発表された。今作から登場する音駒高校、チームの脳であり鋭い観察眼を持つセッター孤爪研磨役にはアクロバットを得意とする永田崇人を起用。研磨に負けない眼力を持っており、ファンも納得の配役になるだろう。研磨の幼馴染で音駒の主将・黒尾鉄朗役には、学生時代よりバレーボール経験が豊富という近藤頌利が抜擢された。

常波高校エーススパイカーである池尻隼人役は若手俳優の松田裕に決定。インターハイ宮城県予選初戦で対決する烏野高校主将・澤村とは中学時代のチームメイトというキャラクターで、劇中でどんな会話を見せてくれるかにも期待が集まる。
烏野の天才プレイヤー影山飛雄の中学時代の先輩でもある、青葉城西高校の主将・及川徹役は遊馬晃祐が担当する。抜群の跳躍力で今回も観客を魅了することに期待したい。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」
(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集