「CEDEC 2016」受講申込の受付開始 VRの最新動向と今後の可能性を探る | アニメ!アニメ!

「CEDEC 2016」受講申込の受付開始 VRの最新動向と今後の可能性を探る

ニュース

コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」は8月24日から26日までの三日間、パシフィコ横浜にて行われる。7月1日には公式サイトにて受講申込の受付がスタートした。今年はVRに関係するセッションやデモンストレーションが数多く揃っており、それらを特集した「VR Now!」を実施する。

2016年は多くのVRデバイスが一般販売されることからコンテンツの開発も進展し、VR関連分野に大きな注目と期待を寄せられている。「CEDEC 2016」ではその情勢を受けて、VRに関係するセッション、デバイスやソリューションの展示、デモンストレーションを特集した「VR Now!」を展開する。
公募セッションでは、VRを長らく研究してきた先駆者たちによる最新研究が報告されるほか、マネタイズやビジネス面からのアプローチなど、最新のVRを学ぶ機会が提供される。さらにヘッドマウントディスプレイにとどまらない新たなデバイスによる仮想現実環境をテーマにしたセッションもあり、20を超えるVR関連のセッションが行われる。
なお現在までに公開しているセッションは150件を超えている。最終的には、基調講演、海外招待セッション、スポンサーセッションなどをあわせて、総数は200件を超える見込みである。

「CEDEC 2016」の受講パスはレギュラーパス、デイリーパス、エキスポ&スポンサーパスに加えて、今年から新設した学生専用のエキスポパスの4種類となる。会期三日間を通じてセッションとイベントに参加できるレギュラーパスは、7月31日までに申し込むと受講料が割り引かれる。申込締切は8月17日までを予定している。
またCEDEC運営委員会は今年で4回目となる「ゲーム開発者の仕事と生活に関するアンケート調査」を開始した。対象は商業ゲーム開発に携わる開発者で、8月17日まで公式サイトに行われる。
[高橋克則]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集