アニメーション企画でAmazonと協業する日本企業 ドワーフやポリゴン・ピクチュアズが新たな取り組み | アニメ!アニメ!

アニメーション企画でAmazonと協業する日本企業 ドワーフやポリゴン・ピクチュアズが新たな取り組み

ニュース 配信

2016年6月、Amazonプライム・ビデオにて日本のアニメーションスタジオが参加するオリジナルアニメーション企画が相次いで明らかになった。6月21日に発表されたのは、『Lost in Oz』である。日本を代表するCGアニメーションスタジオのポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作をする。また、6月17日には、国内のストップモーション・アニメーションの雄であるドワーフが、『ワクワクこまちゃん(仮題)』にてAmazon プライム・ビデオのオリジナル作品パイロット・シーズンに参加したことを発表した。
Amazonプライム・ビデオはインターネットショップの世界有数のAmazon.comの映像配信サービスで、2013年よりオリジナル番組・映画も製作・配信している。『Lost in Oz』と『ワクワクこまちゃん(The Curious Kitty & Friends):仮題』は、いずれもこれに関わるものだ。

『Lost in Oz』は、児童文学の名作『オズの魔法使い』に基づいたAmazonプライム・ビデオとBureau of Magicが製作するキッズ向けのアクションアドベンチャーコメディである。不思議な国に迷い込んだ12歳の少女ドロシーの魔法に満ちた旅を描く。
製作のBureau of Magicは、デジタル時代のエンタテインメント番組を制作するとして2014年に設立された。『Lost in Oz』は2015年にアマゾンのパイロット・シーズンのためにパイロット版が製作されて、好評を博したことからフルシーズンの製作にこぎつけた。本格的な制作に進むにあたり、『トランスフォーマー プライム』や『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』などのCGテレビアニメーションで実績の高いポリゴン・ピクチュアズの力を借りるかたちとなった。

ポリゴン・ピクチュアズは、CGアニメーションのテレビシリーズで世界に広く知られたスタジオである。近年は、国内向けのセルタッチのCGアニメーションにも乗り出している。『シドニアの騎士』『亜人』を製作、大きな話題を呼んだ。
その際には、映像プラットフォームとの協業にいち早く乗り出した。『シドニアの騎士』ではNetflixが海外独占配信、『亜人』では世界独占配信をしている。
この2つの作品から、ポリゴン・ピクチュアズはNetflixと密な関係にあると見られていただけに、Netflixとライバル関係にあるAmazonプライム・ビデオ作品への制作参加はやや意外感もある。
ただ、『シドニアの騎士』『亜人』はポリゴン・ピクチュアズが自ら製作出資に参加するもの、『Lost in Oz』はアニメーションパートの制作という違いがある。これはポリゴン・ピクチュアズが、ひとつのビジネスの枠組みに縛られずに、いくつもの異なるビジネスモデルを取り入れていることを示している。同時に、多様な映像配信プラットフォームの存在が、様々なビジネスを可能にしているようだ。ポリゴン・ピクチュアズは、映像配信時代の新しい環境に素早く適応する代表的な日本企業と言っていいだろう。

ティー・ワイ・オー ドワーフ事業部も、そうした新しい時代のアニメーションづくりと海外ビジネスに挑戦する。『Lost in Oz』が2015年のAmazonプライム・ビデオのオリジナル作品のパイロット・シーズンから正式シリーズへのゴーサインが出た作品であれば、2016年のパイロット・シーズンにピックアップされたのが、『ワクワクこまちゃん(The Curious Kitty & Friends):仮題』である。
このパイロット・シーズンは、Amazonプライム・ビデオのオリジナル企画の発掘の役割を持っている。まず大量にある企画の中から選りすぐった作品をパイロットとして映像化、これらを実際に配信する。視聴者の反応を見ながら、今後のシリーズにするかどうかの方向性を決定する。今回、パイロット対象作品は実写ドラマ 2作品、キッズ向け 6作品とかなり狭き門だ。日本からの参加はドワーフのみである。パイロット制作だけでも大きな快挙だが、やはり次はシリーズ化を狙いたい。

ドワーフは、2003年に国内のストップモーション・アニメーションの第一人者である合田経郎が設立。その後、ティー・ワイ・オーと合併した。数々の短編、CMなどを制作してきたが、代表作の『どーもくん』や『こまねこ』は日本だけでなく、海外でも絶大な人気を誇る。ストップモーション・アニメーションならではの独特の暖かみ、誰にでも愛されるキャラクターがAmazon.comの目に留まった。
今回のパイロットは、人気キャラクター「こまねこ」を新たなデザインと新たなストーリーで映像化している。原作・監督・キャラクターデザインを合田経郎、アニメーターとして峰岸裕和ら、とお馴染みのスタッフが制作に参加する。一方、脚本に『ドックはおもちゃドクター』のケント・レデカー、音楽にスター・ウォーズテレビシリーズのケビン・カイナーを起用した。エグゼクティブプロデューサーは、ドワーフの松本紀子のほか、米国側からケント・レデカー、リチャード・コリンズが加わる。日米混成チームとなっている。「こまねこ」が新たなかたちで世界に羽ばたくのかが注目される。
制作期間1年半を要した11分の短編は、日本、米国、イギリス、ドイツ、オーストリアの5か国のAmazon プライム・ビデオで無料配信中。誰でも視聴可能となっている。日本語吹き替え版も用意されており、日本の視聴者も強く意識していることが分かる。
[数土直志]

『The Curious Kitty & Friends』(『ワクワクこまちゃん(仮題)』
http://www.dw-f.jp/CUKI/
原作・監督・キャラクターデザイン: 合田経郎
脚本: ケント・レデカー
アニメーター: 峰岸裕和 他
音楽: ケビン・カイナー
エグゼクティブプロデューサー: 松本紀子、ケント・レデカー、リチャード・コリンズ
制作: ドワーフ

『Lost in Oz』
https://www.amazon.com/Lost-in-Oz-Season-1/dp/B00Z89N7IU
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集