「呉爾羅<ゴジラ>百態原画集制作」クラウドファンディングスタート 目標金額200万円 | アニメ!アニメ!

「呉爾羅<ゴジラ>百態原画集制作」クラウドファンディングスタート 目標金額200万円

ニュース

2016年6月23日より渋谷パルコの地下1階GALLERY Xで「西川伸司原画展 呉爾羅<ゴジラ>百態」が開催される。「平成ゴジラシリーズ」の怪獣デザインを手がけてきた西川伸司の初となる個展だ。

西川伸司は、『ゴジラVSビオランテ』から『ゴジラ ファイナルウォーズ』まで、平成ゴジラシリーズの怪獣デザインを手掛けてきた。その緻密なタッチや独特の色彩感覚溢れるデザインで支持されてきた。
今回の展覧会では、西川の原画やデザイン100点が一堂に会する。さらにそのうちの50点はイベントの為に描き下ろされたもの。ファンには見逃せない展示会となる。

さらに本展示描き下ろしの作品をまとめた「呉爾羅<ゴジラ>百態原画集」の制作プロジェクトが決定した。6月23日よりパルコのクラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて資金募集を開始した。
原画展で展示されている作品は、すべてが購入可能ということもあり、集結する機会は今後二度とない。そこで「ここでしか見られない」という作品たちを一冊の本にしようと、今回のクラウドファンディングが企画された。
原画の美しさを再現するために、最新の印刷技術「ブリリアントパレット(R)」を導入。原画を見た時の感動を1ページ1ページに凝縮する。

リターン金額は5000円から10万円。リターン内容として、原画集はもちろん、直筆サイン入りのお礼状のほか、描き下ろしイラストのTシャツや、リクエスト可能のイラスト入り色紙などが用意される。
最高額の10万円は3口限定で、原画集のカバーが世界に一冊しかない描き下ろしとなる。ファンにとってはたまらない一冊になるだろう。

クラウドファンディングの募集期間は6月23日から8月21日まで。目標金額は200万円。BOOSTER限定の完全受注生産であり、このプロジェクトが成立しないと原画集は制作されない。今後の動きにも関心が集まりそうだ。

『ゴジラ』
TM & (C)TOHO CO., LTD.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集